《シューティング・ライザー・ドラゴン》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2100/守1700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、
そのモンスターのレベル分だけこのカードのレベルを下げる。
このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及びその同名モンスターのモンスター効果を発動できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

 Vジャンプ(2018年5月号) 付属カードで登場した光属性ドラゴン族シンクロモンスターチューナー
 シンクロ召喚に成功した場合にデッキモンスター墓地へ送って自身のレベルを下げる誘発効果相手メインフェイズシンクロ召喚できる誘発即時効果を持つ。

 (1)の効果レベル6以下のモンスターなら何でも墓地へ送る事ができ、レベルを変更できるので後続のシンクロ召喚レベル調整ができる。
 墓地へ送られたモンスター効果はそのターン中には発動できないが、発動を伴わない効果ならそのターン中に活用できる。
 例えば《ライトパルサー・ドラゴン》なら墓地に置いた後、手札コストを払いルール効果自己再生できる。
 他にも墓地から自身を除外して発動する効果を持つモンスター墓地に置き、次のターン以降に発動する手もある。

 (2)の効果《フォーミュラ・シンクロン》等と同様に、相手ターンシンクロ召喚できる効果
 同じ効果を持つシンクロモンスターでは最高レベルのため、高レベルシンクロ召喚を行いやすい。

 レベル7のドラゴン族というステータスからシンクロ召喚自体も難しくはない。
 《終末の騎士》から《亡龍の戦慄−デストルドー》を落としたり、《デブリ・ドラゴン》レベル3を吊り上げればカード消費は1枚で済む。
 ドラゴン族のため、このカードを経由することでドラゴン族しかシンクロ召喚できない《デブリ・ドラゴン》の制約を回避できる。
 ただ、ステータスレベルシンクロモンスターとしてはかなり低いため、あくまで大型シンクロ召喚の繋ぎとして使うのが良いだろう。
 《復活の福音》を採用するデッキならば蘇生により使い回せるレベルチューナーとしての役割も担える。

 《水晶機巧−ハリファイバー》特殊召喚するモンスターの候補としても有力。
 普通にシンクロ召喚するよりも手軽に素材を用意でき、墓地へ送ったモンスター効果が制限されるデメリット相手ターンでの特殊召喚で回避できる。

  • 情報が初出で出されたVジャンプ(2018年4月号)では「シンクロ召喚で勝利へハイジャンプ!!」「シンクロ召喚を加速させる効果が…!?」と紹介されている。
    前者は抽象的な宣伝なのでまだしも、後者はこのカードの効果とはやや結びつきにくい宣伝文句と言える。
    一応、(1)の効果でその後の展開に繋がるモンスター墓地に用意すればシンクロ召喚を加速させる結果になるかもしれない。

関連カード

効果関連

イラストカード名関連

収録パック等


Tag: 《シューティング・ライザー・ドラゴン》 モンスター シンクロモンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星7 光属性 ドラゴン族 攻2100 守1700

広告