《シュレツダー/Shreddder》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1600/守1000
手札から機械族モンスター1体を墓地へ送って発動する。
墓地へ送ったモンスターのレベル以下の、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を破壊する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した地属性機械族下級モンスター
 機械族手札コストにして、そのレベル以下の相手フィールドモンスター1体を破壊する起動効果を持つ。

 機械族には珍しい、単体除去効果を持った下級モンスター
 【機械族】ではレベルの高いモンスターを採用する事も多いため、多くの上級モンスター除去が狙える。
 また、《フォトン・スラッシャー》のような良く見る下級モンスターも、レベル4以上のモンスターを捨てれば除去できる。
 《マシンナーズ・フォートレス》《マシンナーズ・メガフォーム》なら蘇生に繋げることもできる。
 ただし墓地へ送るのは効果ではなくコストなので、《次元の裂け目》等が発動している場合は効果を使用できない点には注意したい。

 ただし、レベルのないエクシーズモンスターに対処できないのは少々難点。
 モンスター効果除去したい筆頭の《ヴェルズ・オピオン》等には対処できず、ステータスもそう高くはないため戦線維持もしにくい。
 また、《月の書》などで除去を回避されやすいのも難点である。
 属性こそ違うものの、このカードのほぼ上位互換といえる《SRパチンゴーカート》はこの弱点を克服しており、どんなレベル機械族コストにでき、エクシーズモンスター除去できる。

 高レベル墓地利用を行うデッキという事で、【ギミック・パペット】とは相性がいい。
 《大天使クリスティア》なども一時的に除去しつつ、専用蘇生での巻き返しが狙える。

  • 名前の由来は、書類を裁断する機械「シュレッダー(Shredder)」であろう。
    元となった英単語の「シュレッド(Shred)」には「ズダズダに切り裂く」という意味がある。
    日本語名で大文字の「ツ」が使われていることに合わせてか、英語名では本来のスペルでは2つ重ねるべき「d」を3つも重ねている。
  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「遊馬vs鉄男」戦において、鉄男が使用。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?対象をとりますか?
A:《シュレツダー》の効果の種別は起動効果となり、破壊するモンスター1体を対象に取る効果となります。(10/06/14)

Q:《伝説の都 アトランティス》レベル3になっている《ネイビィロイド》(本来はレベル4)を手札から墓地に送った場合、破壊できるモンスターレベルは幾つ以下ですか?
A:《伝説の都 アトランティス》効果によって手札レベル3として扱っている元々のレベルが4である《ネイビィロイド》を《シュレツダー》の効果発動する為のコストとして手札から捨てた場合、《シュレツダー》の効果によって破壊する事ができるのは、レベル3以下のモンスターとなります。(10/06/25)

Q:対象となったモンスター効果解決時に裏側表示になっていたり、コントローラーが変わっていた場合効果は適用されますか?
A:いいえ、対象となったモンスターがこのカード効果発動したプレイヤーから見て「相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター」でなくなった場合効果は適用されません。(11/08/05)


Tag: 《シュレツダー》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻1600 守1000

広告