《シンクロ・イジェクション/Synchro Ejection》

通常罠
相手フィールド上に表側表示で存在するシンクロモンスター1体を選択してゲームから除外し、
相手はデッキからカードを1枚ドローする。

 THE SHINING DARKNESSで登場した通常罠
 相手ドローさせる代わりにシンクロモンスター除外する効果を持つ。

 破壊を介さない除外のため、《スターダスト・ドラゴン》等の破壊耐性のあるカードにも阻害されないという利点がある。
 だが、シンクロモンスター以外にも使用できる《強制脱出装置》や、コスト1枚と引き換えに除外する《因果切断》の方が汎用性が高い。
 特殊召喚時に限定すれば、コントロール奪取が可能な永続罠《調律師の陰謀》宣言して行う特殊召喚全般を無効化するカウンター罠《昇天の黒角笛》も存在する。

 「ノーコスト除外できる」ものの、相手ターン中に使いたいケースが多いであろう大型モンスター用の除去だけに、ドローさせるデメリットは非常に痛い。
 一応、《便乗》効果適用されている状態で使用した場合は1枚分のアドバンテージを稼げる。
 そもそも相手シンクロモンスターを使わなければ積む意味が全く無く、安定度は他のカードよりも大きく落ちると言わざるを得ないだろう。

  • 「イジェクション(Ejection)」とは、英語で「追い出し」「追放」を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:除外ドローは同時扱いですか?
A:同時扱いです。(16/10/06)


Tag: 《シンクロ・イジェクション》 通常罠

広告