《ジェム・マーチャント/Gem-Merchant》

効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻1000/守1000
自分フィールド上の地属性の通常モンスターが
戦闘を行うダメージステップ時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は
エンドフェイズ時まで1000ポイントアップする。 

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 DUEL TERMINAL −ヴァイロン降臨!!−で登場した地属性魔法使い族下級モンスター
 自身を手札から墓地へ送ることで、地属性通常モンスターステータスをアップさせる誘発即時効果を持つ。

 さながら地属性通常モンスター専用の《BF−月影のカルート》といった性能を持ち、攻撃・迎撃性能は高い。
 また、こちらは守備力もアップし、セットモンスター攻撃された時の地雷役としてサポートできるのも強み。
 その際の上昇値は《牙城のガーディアン》に劣り、あちらはモンスターの種類を問わないものの、両方のステータスアップを兼任できる点で差別化は容易である。

 下記のリストを見てもらえば分かるように、地属性通常モンスターには攻撃力の高いモンスターが多数存在する。
 そのため、地属性軸の【通常モンスター】【磁石の戦士】での採用がメインとなるだろう。
 後者は最も攻撃力の低い《磁石の戦士α》でも上級モンスタークラスの攻撃力を得られるためフィールドに残しやすくなる。

 難点は通常モンスターのみなので、戦闘によって効果を発揮するモンスターが存在しないのがネック。
 この点は《ドラコニアの獣竜騎兵》《ランスフォリンクス》等のペンデュラム効果でフォローしたいところ。
 しかし、奇襲性は高いが戦闘補助以上の働きはできないことを考えると、基本的には《収縮》《禁じられた聖槍》の方が使いやすいだろう。
 一方で手札誘発という点や《絶対魔法禁止区域》適用下でも自分モンスター強化できる点では《突進》よりも優先できるか。

関連カード

手札から墓地へ送ってモンスター攻撃力を変動させるカード《オネスト》を参照

―商人モンスター

対応する主な地属性通常モンスター

アタッカー

モンスター

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップのどのタイミングで発動できますか?
A:ダメージステップの開始時から、ダメージ計算前までです。ダメージ計算時に発動する事はできません。(14/03/22)

Q:同一チェーン上で複数枚の《ジェム・マーチャント》を発動することはできますか?
A:はい、発動することができます。(10/05/12)

Q:戦闘開始時、攻撃対象となった自分フィールド上の地属性通常モンスター裏側表示で、そのダメージステップ表側表示になった場合、このカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/05/12)


Tag: 《ジェム・マーチャント》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 魔法使い族 攻1000 守1000 ジェム

広告