《ジェルゴンヌの終焉(しゅうえん)/Gergonne's End》

通常罠
(1):自分フィールドの「ティンダングル」リンクモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、装備モンスターの全てのリンクマーカーの先にモンスターが存在する場合に発動できる。
それらのモンスターとこのカードを全て破壊する。
全て破壊した場合、このカードを装備していたモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した通常罠
 装備モンスター耐性を付与する効果装備モンスターリンク先全てにモンスターが存在する場合、このカードリンク先モンスター全てを破壊してバーンを与える効果を持つ。

 ティンダングルリンクモンスターは現状《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》しか存在しないため、実質専用サポートとなっている。
 《ティンダングル・トリニティ》リンク素材に使えばこのカードサーチできるため用意する事は難しくない。
 (1)の耐性はかなり強固なのであちらの場保ちを良くしてくれるが、このカード自身が狙われる危険性が高い。
 また、墓地《ティンダングル・ベース・ガードナー》除外されるなどすると《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》自己強化ができなくなり、一転してサンドバッグになってしまう。

 (2)はリンク先モンスター全てを破壊装備モンスター攻撃力分の効果ダメージを与える効果
 《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》自己強化により攻撃力3000を保持しやすいのでダメージの数値は期待できる。
 しかし、リンク先3か所にモンスターが存在する必要があるのがネック。
 斜め下は《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》ティンダングルトークンを生成したり、他のトークン生成カードでクリアしやすいが、相手フィールドに向く一カ所をどう埋めるかが問題となる。
 相手の行動に期待する事は難しいため、こちらから壊獣などで能動的に用意する必要がある。
 《オイラーサーキット》ティンダングルトークン送りつけるのも良いだろう。
 《ドラゴノイド・ジェネレーター》は比較的相性が良く、こちらのリンク先2カ所にトークンを出せ、相手も2体トークンを生成する必要があるので、このカードリンク先が埋まる可能性は高い。
 ただ、そこまで手間暇かけてもカード・アドバンテージではこちらが損をするので、トドメを刺せる状況以外では発動を控えた方が良い事も多い。

  • イラストに三角形が描かれていることから、名前の由来は幾何学で使われる「ジェルゴンヌ点」だろう。
    三角形の内接円を描いた際、その内接円と辺の接点から反対側の角へと直線を引く行為を3回繰り返すと、その3つの線は一点で交わる。
    この点をジェルゴンヌ点という。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ジェルゴンヌの終焉》 通常罠

広告