《ジャイアント・ボマー・エアレイド/Flying Fortress SKY FIRE》

効果モンスター
星8/風属性/機械族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
「サモン・リアクター・AI」の効果でのみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、手札を1枚墓地へ送る事で、
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
また、相手のターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
そのモンスターを破壊し、相手ライフに800ポイントダメージを与える。
●相手がカードをセットした時に発動できる。
そのカードを破壊し、相手ライフに800ポイントダメージを与える。

 CRIMSON CRISISで登場した風属性機械族特殊召喚モンスター
 自分ターンに、手札墓地へ送る事で相手フィールド上のカード破壊する起動効果を持っている。
 また相手ターンに、相手召喚・特殊召喚に成功した時、またはカードセットした時にそのカード破壊してダメージを与える誘発効果を持つ。

 召喚条件を満たすのは大変だが、高いステータス攻撃的なモンスター効果を持っている。
 特に相手が守りに入っている時は凄まじいまでの強さを発揮するため、オーバーキルとして優秀なカードだと言える。
 自分ターン発動できる効果は優秀で、相手フィールド上のカードを万能に破壊することができる。
 相手ターン発動する効果は、ノーコストカード破壊でき、さらにダメージも与える。
 セットしたカード破壊する効果は、実質相手罠カードを使用不能にするのと同じことになる。
 召喚特殊召喚したモンスターに対しても発動できるので、戦闘で倒すのは難しく、相手は2枚以上のカードで攻めなければならない。

 しかし、どちらの効果1ターンに1度までである。
 考えなしに破壊していては逆に《ダーク・アームド・ドラゴン》《裁きの龍》特殊召喚を手助けすることになりかねない。
 特にカードセットされた時、破壊するかどうかは難しい読み合いとなる。
 自分ターンに前者の効果破壊することを前提にするとしても、複数枚セットされると悩ましい問題となる。
 デュエリスト同士の腕の見せどころと言えるだろう。

 直接的な耐性を持っているわけではないので、除去カードには弱い。
 それに備え、《亜空間物質転送装置》などをセットするのもよい。
 モンスター効果の性質上、罠カードによる除去には滅法強い。
 また《N・グラン・モール》《異次元の女戦士》のような戦闘を介するモンスター効果による除去にも間接的に耐性があると言える。
 その性能から相手セットを強要させる《魔封じの芳香》とは相性が良い。
 《ダーク・シムルグ》を並べる事で、更に強固なロックをかける事ができる。
 特に《ダーク・シムルグ》とは、3体の素材全てが闇属性であることと、このカード自身が風属性であることから、それなりのシナジーも見込める。
 しかし、特殊召喚自体に手間のかかるモンスターなので、特殊召喚後の事まで考慮してデッキ構築する余裕は無いだろう。

 また、《マジック・リアクター・AID》では対応できた魔法カード発動には対応できなくなる。
 自分ターン起動効果破壊すればいい話ではあるが、《ブレイズ・キャノン》等には無力。

 リアクターは全て闇属性であるのに、このカード風属性である。
 上記のように《ダーク・シムルグ》コストにできるものの、それを利用しない限りは闇属性サポートを共有できないデメリットのほうが大きい。

  • 「遊星vsボマー」戦までは以下の効果だった。
    「デルタ・リアクター」の効果によってのみ特殊召喚する事ができる。
    相手がカードをプレイした時、そのカードを破壊して相手プレイヤーに
    800ポイントのダメージを与える。
    (この効果は、1ターンに1度のみ使用する事ができる)
    また、手札を1枚墓地へ送る事で相手フィールド上のカード1枚を
    破壊する事ができる。
    《デルタ・リアクター》については、《サモン・リアクター・AI》参照。
    また、アニメでは現在基本的に使用されていない「プレイ」という単語が使われていた。
    しかしOCGとは異なり、モンスター召喚反転召喚特殊召喚カードセットしかプレイには当てはまらないようだ。
    実際に「遊星vsボマー」戦においてボマーは、このカード召喚時にOCGのものとほぼ同一のテキストを読み上げていた。
  • 攻撃方法は何パターンかあり、「巨大化したミサイルを1発投下する」「機銃を乱射する」「相手をプロペラに巻き込む」「ミサイルを3発発射する」といったやり方で「空襲」を行っていた。
    ちなみに最も攻撃力の高い《サモン・リアクター・AI》のパーツが使われたのは《スピード・ウォリアー》戦闘破壊したときの一度のみで、本来の強風による攻撃ではなく、プロペラ巻き込みだった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:デッキ手札から墓地へ送られた蘇生制限を満たしていないこのカードを、《サモン・リアクター・AI》効果によって墓地から特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(12/07/20)

Q:手札墓地へ送るのはコストですか?
A:コストです。(08/11/17)

Q:フィールド上のカード破壊する効果対象をとりますか?
A:はい、対象をとります。(08/11/17)

Q:召喚特殊召喚したモンスターを破壊する効果セットしたカード破壊する効果対象をとりますか?
A:いいえ、対象をとりません。(10/06/16)

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:相手フィールド上のカード破壊する効果は、ダメージステップにて発動する事ができません。(08/11/21)
  ●の効果は、両方ともダメージステップ発動する事はできません。(17/03/22)

Q:「●相手カードセットした時〜」の効果は、相手モンスター裏側守備表示通常召喚(あるいは特殊召喚)した時も発動できますか?
A:はい、できます。(08/11/16)

Q:相手ターン発動できる効果についてですが、破壊ダメージは同時に処理しますか?
A:同時に処理します。(10/08/27)

Q:《ジャイアント・ボマー・エアレイド》が自分フィールドに存在し、相手《サイバーポッド》効果《強化支援メカ・ヘビーウェポン》で回避した場合、相手が同時に複数枚のカードをセットするようになりますが、そのカード全てを破壊できますか?
  また、相手《サイバーポッド》効果セットした自分カード破壊されますか?
A:表側表示で存在する《ジャイアント・ボマー・エアレイド》が、《サイバーポッド》効果によって破壊されずに効果発動する場合、『相手モンスター召喚・特殊召喚に成功した時』に発動する効果または、『相手カードセットした時』に発動する効果のどちらかを選択し、効果発動します。
  また、効果発動した場合、相手《サイバーポッド》効果によって特殊召喚された、相手モンスターのみが破壊されます。(09/12/24)

Q:《ジャイアント・ボマー・エアレイド》が自分フィールドに存在し、相手《皆既日蝕の書》効果《メタル化寄生生物−ルナタイト》で回避した場合、相手が同時に複数枚のカードセットするようになりますが、そのカード全てを破壊できますか?
  また、相手《皆既日蝕の書》効果セットした自分カード破壊されますか?
A:《皆既日蝕の書》効果によって、モンスター裏側守備表示にした場合でも、『相手カードセットした時』に発動する効果を、発動する事ができます。
  また、効果発動した場合、相手発動した《皆既日蝕の書》効果によってセットされた自分モンスター相手モンスター破壊されます。(09/12/24)

Q:相手が相手フィールド上のフィールド魔法破壊し、新たなフィールド魔法セットしました。
  効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/02/27)


Tag: 《ジャイアント・ボマー・エアレイド》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 風属性 機械族 攻3000 守2500 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告