《ジャイアント・レックス/Giant Rex》

効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻2000/守1200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは直接攻撃できない。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は、
除外されている自分の恐竜族モンスターの数×200アップする。

 COLLECTORS PACK 2017で登場した地属性恐竜族下級モンスター
 直接攻撃できない永続効果除外された場合に自身を特殊召喚し、自己強化する誘発効果を持つ。

 下級モンスターとしては高い攻撃力を持つが、(1)の効果により直接攻撃ができないデメリットがある。
 《化石発掘》特殊召喚すればデメリットを打ち消せるがそこまでしてこのモンスター直接攻撃する意義は薄い。
 アタッカーとしては通常モンスターサポートを併用できる《セイバーザウルス》《メガロスマッシャーX》が優先される。

 (2)の効果は、除外された場合に自己強化をしつつ自動帰還するというもので、《奈落の落とし穴》《次元幽閉》などに実質的に耐性を持つことになる。
 自分の使用するカード除外コストにするのも有効であり、【恐竜族】では《幻創のミセラサウルス》《究極伝導恐獣》によってその発動条件を満たせる。
 帰還時に状況次第で攻撃力も上がるが、直接攻撃できないためフィニッシャーにはなり辛いので、単純にエクシーズ素材リンク素材として使うのも良いだろう。
 《ヴェルズ・サラマンドラ》ならばこのカード除外からそのままランク4のエクシーズ召喚が可能で、恐竜族のため《エヴォルカイザー・ラギア》などにも繋がる。

 《次元の裂け目》《マクロコスモス》適用下では、毎ターン任意の表示形式で即座に帰還可能で、かつ《異次元の生還者》越えの打点を持つ下級モンスターとなる。
 ただし、名称指定で1ターンに1度と縛っているため、《異次元の生還者》と同じく同一ターン内の連続した素材使用には不向きな点に加えて、複数を並べる事も向いていない点に注意。

  • モデルは、ワニのような頭と背中の背ビレが特徴なことから白亜紀に生息していた恐竜「スピノサウルス」だろう。
    名前は「棘トカゲ」という意味を持ち、全長約15m以上とティラノサウルスすら凌ぐ巨体を持つ肉食恐竜である。
    が、実は比較的華奢、なおかつ胴長短足な陸上での狩りに不向きな体格をしており、本来の生態は主に水辺・水中で魚を食べて生きていたとされ、あまり好戦的な性質ではなかったとされる。
    発見当初の化石標本が第二次世界大戦の空爆で失われたせいで研究が難航し、復元図が二転三転しており、近年では四足歩行をしていた、という説も上がっている。
    しかし、カード名には「レックス」とティラノサウルスの種小名を使ってしまっている(スピノサウルスの場合はエジプティアクス)。
  • 上記の通り乃亜・竜崎・剣山と3人のデュエリストに使用されたカードであるが、アニメオリジナルカードが別段人間関係のない複数のデュエリストに使用される事はかなり珍しい。
    また、未OCGカードが複数の作品で使用されるのも非常に稀である。
    このように出番の多いカードでありながら、中々OCG化されることがなかったという珍しい経歴を持つ。
    • このカードのアニメ初登場は2002年7月23日放送のDM第115話であり、そこからOCG化までに15年近くの月日がかかった。

関連カード

―モチーフ(スピノサウルス)に関連があるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ジャイアント・レックス》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 恐竜族 攻2000 守1200

広告