《ジュラック・タイタン/Jurrac Titano》

効果モンスター
星9/炎属性/恐竜族/攻3000/守2800
このカードは特殊召喚できない。
このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り、
罠・効果モンスターの効果の対象にならない。
また、1ターンに1度、自分の墓地の攻撃力1700以下の
「ジュラック」と名のついたモンスター1体を
ゲームから除外して発動できる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで1000ポイントアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した炎属性恐竜族最上級モンスター
 特殊召喚できない召喚ルール効果モンスター効果対象にできない永続効果ジュラック除外して攻撃力をアップする起動効果を持つ。

 特殊召喚できないため、《大進化薬》《死皇帝の陵墓》をサポートとして併用したい。
 他には《ジュラック・スタウリコ》効果で発生するジュラックトークン《炎を支配する者》等を利用し、アドバンス召喚するのも手か。

 効果モンスター罠カードによる単体除去耐性を持ち、《鳥銃士カステル》《強制脱出装置》などに除去されない。
 一方、対象を取らないカード耐性はなく、《奈落の落とし穴》などには警戒が必要となる。
 魔法カードへの耐性は一切ないものの、恐竜族にしては珍しく守備力も高いので、《月の書》《エネミーコントローラー》等を使われても戦闘破壊はされにくい。
 《火霊術−「紅」》リリースはできるため、チェーン発動することで、《奈落の落とし穴》などを打たれても損害を減らすことはできる。

 自身の攻撃力を上げる効果は回数制限があるものの、コストが軽いわりに強化値は大きい。
 攻撃後に《火霊術−「紅」》リリースすれば最大7000ものダメージを見込める。
 自身の効果攻撃力がアップすればジュラック除外される為、《ディノインフィニティ》《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》などの併用も可能。

  • モデルとなった恐竜は白亜紀の大型恐竜「ティタノサウルス」と思われる。
    ちなみに、語源はギリシャ神話の巨人「タイタン」である。
    ただし、ティタノサウルスは「竜脚類」という草食恐竜の仲間であり、外見もこのカードとは程遠い姿をしている。
    • あるいは2005年にアルゼンチンで発見された白亜紀の大型肉食恐竜「ティラノティタン」が元ネタの可能性がある。
      ギガノトサウルスと近縁の恐竜で全長12m程あったと推測されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL NEXTのアドベンチャーモードのDT世界編、「混沌の覇者!!」に中ボスとして登場。
    言語を話すことはできないようだ。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ジュラック・タイタン》 効果モンスター モンスター 星9 炎属性 恐竜族 攻3000 守2800 ジュラック 特殊召喚不可

広告