《スターゲート/Spacegate》

永続罠
相手モンスターが戦闘を行った場合、
そのダメージステップ終了時にこのカードにゲートカウンターを1つ置く。
自分のターンのメインフェイズ時にこのカードを墓地に送る事で、
このカードに乗っているゲートカウンターの数以下の
レベルのモンスター1体を手札から特殊召喚する。

 THE DUELIST GENESISで登場した永続罠
 相手モンスター戦闘を行った後にゲートカウンター置く効果、自身を墓地へ送る事でゲートカウンターの数以下のレベルを持つモンスター特殊召喚する事ができる効果を持つ。

 レベル4以下を手札から特殊召喚するのなら、通常罠《一色即発》の方が発動タイミングがない分適している。
 相手モンスター戦闘を行うという条件も、相手モンスターを要求するあちらの条件と同じ。

 罠カードであるにもかかわらず自分メインフェイズでしか後半の特殊召喚効果発動できないため、セットして1ターン待つ必要があり遅い。
 永続罠ゆえに除去にも弱く、ゲートカウンターを多数溜めるのは難しい。

 一応、ゲートカウンターを5個以上溜めれば上級モンスターでも特殊召喚できる利点はある。
 ただ、前述のように除去に弱いため、ゲートカウンターを5個以上溜めるのは難しい。

  • 元ネタは、SF史上不朽の名作『2001年宇宙の旅』に登場する超空間移送システム「スターゲート」だろう。
    この作品は小説や漫画などを問わず後世の作品に多大な影響を及ぼしており、このカードが登場した5D'sにおいても、自己矛盾に陥り暴走して人を排除しようとするコンピューターや、1人生き残った者が超常的な力を手に入れ戦争や破壊行為をやめさせにいくなど、この作品がモチーフになったような描写が見られる。
  • なお、アニメVRAINSに登場するボーマンとハルも、『2001年宇宙の旅』から着想を得たキャラクターであると思われる。
  • レベルと表現されることもあり、レベルに関わるのもスターという名前からだろうか。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《神禽王アレクトール》等の効果によって、既にゲートカウンターの乗っているこのカードの効果無効にされた場合、乗っているゲートカウンターは取り除かれますか?
A:はい、取り除かれます。(15/04/20)

Q:ゲートカウンターを乗せる効果チェーンブロックを作りますか?
A:作りません。(08/08/07)

Q:特殊召喚する効果自分メインフェイズ時ならチェーン2以降のタイミングでも発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/09/05)


Tag: 《スターゲート》 永続罠

広告