《スターライト・ジャンクション/Starlight Junktion》

フィールド魔法
「スターライト・ジャンクション」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのチューナー1体をリリースしてこの効果を発動できる。
リリースしたモンスターとレベルが異なる
「シンクロン」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):相手ターンに自分がエクストラデッキからSモンスターを特殊召喚した場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動する。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。

 ストラクチャーデッキ−シンクロン・エクストリーム−で登場したフィールド魔法

 (1)の効果チューナー1体をデッキシンクロンと入れ替えるリクルート効果
 入れ替えるのみで直接のアドバンテージには繋がらないが、フィールドに並んだレベルが変化するためシンクロ召喚の調整に貢献し、チューナー1枚分墓地を肥やす事にもなる。
 選択肢を増やす意味でもシンクロン中心のデッキ構成が好ましく、フィールドに出しやすい《クイック・シンクロン》《アンノウン・シンクロン》とは噛み合いやすいだろう。
 それ以外でも、自身の効果特殊召喚しやすい《ゾンビキャリア》《スポーア》や、選択肢の多い《トゥルース・リインフォース》《緊急テレポート》など、コスト調達に適したカードは数多い。

 また、非チューナーである《シンクロン・エクスプローラー》《シンクロン・キャリアー》リクルートできるので、チューナーが2体以上並んだ場面からでもシンクロ召喚に繋げられる。
 エクシーズ召喚のサポートにも有用で、《クイック・シンクロン》リクルートからランク5のエクシーズ召喚も狙いやすくなる。
 《サルベージ・ウォリアー》アドバンス召喚チューナーリリースすれば即座にチューナー蘇生でき、このカードによってその戦術幅は非常に広くなる。

 (2)の効果相手ターンシンクロモンスターエクストラデッキから特殊召喚した時に1枚デッキバウンスできる効果
 除去手段としては非常に強力な部類だが、条件が限定的で、《フォーミュラ・シンクロン》クリストロン等の使用が基本となる。
 《スチーム・シンクロン》は(1)の効果リクルートした後、相手ターンでのシンクロ召喚除去へと繋げられるため他のシンクロンよりも相性が良い。
 《緊急同調》等でも満たすことができるが、こちらはさらに消費が激しく、こちらの場の状態から読まれる可能性も高い。
 このカードが存在しシンクロ素材を残したままのターン終了は相手に確実に警戒されるため、蘇生等で相手ターン中にシンクロ素材を揃えるのも手となってくる。
 また、エクストラデッキからならばシンクロ召喚以外でもよいため、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《スターライト・ロード》《シャドー・インパルス》等でも発動することができる。

  • 「ジャンクション(Junction)」とは英語で「連結・結合」を意味するが、イラストや原作の背景からすると、ここでの意味は「高速道路などの合流地点」だろう。
    また、このカードが登場した商品のコンセプトを考えると、不動遊星の使用カテゴリであるジャンクと掛けているとも考えられる。
    なお、ジャンクの名を含む都合上、英語名は「junction」ではなく「junktion」と綴りが変わっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    イラストになっているのはアニメ5D'sで舞台となったネオ童実野シティのサーキット。
    アニメの背景がカードに使われるのは珍しい。
    なお、この形のジャンクションはクローバー型と呼ばれ現実にも存在している。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:(1)の効果発動する際に他の効果レベルが変化している状態のモンスターリリースした場合、その変化したレベルと異なるモンスター特殊召喚する事になりますか?
A:はい、そうなります。(14/12/06)

Q:(1)の効果解決時コストリリースしたモンスター墓地に存在しなくなった場合でも、特殊召喚する効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(14/12/06)


Tag: 《スターライト・ジャンクション》 魔法 フィールド魔法

広告