《ストーム・サモナー/Storm Caller》

効果モンスター
星6/風属性/サイキック族/攻2300/守2000
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
このカード以外のサイキック族モンスターが戦闘によって破壊した
相手モンスターは墓地へ送らず、相手のデッキの一番上に置く事ができる。
このカードがカードの効果によって破壊された時、
このカードのコントローラーはこのカードの攻撃力分のダメージを受ける。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した風属性サイキック族上級モンスター
 他のサイキック族モンスター相手モンスター戦闘破壊した時にデッキトップバウンスできる永続効果と、効果によって破壊された時にダメージを受ける誘発効果を持つ。

 相手モンスターバウンスする効果により、ドローロックをかけられる。
 戦闘破壊しても墓地へ送ることがないため、墓地発動効果を封殺できるという利点もあるが、このカード自身は効果を受けられない。
 《アポート》《緊急テレポート》ペンデュラム召喚などでサイキック族モンスターを並べることが重要となる。

 複数体に効果適用できるが、効果破壊されたときのデメリットが大きい。
 特に召喚特殊召喚時に《激流葬》《奈落の落とし穴》等で破壊されると目も当てられない。
 《リビングデッドの呼び声》等、自壊デメリットを伴う特殊召喚を用いる際もリスクを伴う。
 破壊効果の対象に選ばれた時に備え、サクリファイス・エスケープの手段は用意しておきたい。
 【サイキック族】においては、《ブローニング・パワー》《神秘の中華なべ》が候補に挙がる。
 《テレキアタッカー》を身代わりにするのも有効だろう。
 役目を終えたこのカード送りつけ効果破壊を狙うのも一つの手。
 仮に効果破壊に失敗しても、他にサイキック族がいなければ効果を使用される心配もない。

 上級モンスターとしてはやや低い攻撃力も難点。
 効果ダメージこそ受けないものの、を始めとする攻撃力2400のモンスターに一方的に戦闘破壊されてしまう。

 ドローロック効果は魅力的であるが、単独で仕事ができないのが大きな難点。
 単体では事故要因になることもあり、このカードを無理に採用するよりも、リリースを減らす効果蘇生効果を持つ《アーマード・サイキッカー》の方が【サイキック族】において役立つ機会は多い。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果をコピーした《N・ブラック・パンサー》《ファントム・オブ・カオス》破壊された時、ダメージを受ける効果発動しますか?
A:フィールドから離れた時点でコピーした効果が無くなるので、ダメージを受ける効果発動しません。(08/08/18)

Q:元々の持ち主自分のこのカード相手コントロールがしている時にカードの効果破壊された時、ダメージを受けるのはどちらですか?
A:このカードが破壊される時点でこのカードコントロールしていた相手ダメージを受けます。(10/09/08)

Q:《大天使クリスティア》《混沌の黒魔術師》《ゾンビキャリア》《宝玉獣 サファイア・ペガサス》相手デッキの一番上に置けますか?
A:フィールド上に《ストーム・サモナー》が存在する時に他のサイキック族モンスター《混沌の黒魔術師》戦闘破壊した場合でも、《ストーム・サモナー》の効果適用する事はできずに、《混沌の黒魔術師》はゲームから除外されます。
  また、《宝玉獣 サファイア・ペガサス》の場合は、デッキの一番上に置く事ができます。
  《大天使クリスティア》は自身の効果によってデッキの一番上に戻り、《ゾンビキャリア》はゲームから除外されます。(14/01/09)


Tag: 《ストーム・サモナー》 効果モンスター モンスター 星6 風属性 サイキック族 攻2300 守2000

広告