《ストライカー・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/ドラゴン族/攻1000
【リンクマーカー:左】
レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「リボルブート・セクター」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの表側表示モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを手札に加える。

 Vジャンプ(2019年8月号) 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に《リボルブート・セクター》サーチする誘発効果自分フィールド表側表示モンスター破壊し、墓地ヴァレットサルベージする起動効果を持つ。

 リンク素材縛り【ドラゴン族】なら満たしやすいが、効果も考慮すると基本的には【ヴァレット】専用となる。

 (1)はリンク召喚時の《リボルブート・セクター》サーチ
 《リボルブート・セクター》【ヴァレット】では継続的にアドバンテージを得られるカードとして重要性が高いため、サーチできる恩恵は大きい。
 ただし、このカードフィールドに存在する関係上、あちらの蘇生効果で得られるアドバンテージが1体減ってしまう事は考慮しておきたい。
 この点は(2)でこのカード破壊すれば克服できるが、その場合は墓地ヴァレットが1体減る事に注意。
 一方、手札から特殊召喚するもう1つの効果とは相性が良い。

 (2)は自分フィールド表側表示モンスター破壊及び墓地ヴァレットサルベージ
 フィールドの「ヴァレット・ドラゴン」を対象にすればそれらの固有効果トリガーとなる。
 また、固有効果発動せずそのまま破壊すれば、エンドフェイズリクルートに繋がるためサルベージも含めてアドバンテージを得られる。
 ただし、固有効果発動した場合、このカード破壊できないためサルベージが行えない点は注意。

 自身を破壊しても発動可能なため、リンク素材ヴァレットを使いそちらを回収すれば、実質フィールドから手札へのヴァレットバウンスとなる。
 これを利用すれば《クイック・リボルブ》ヴァレットサーチカードとしても機能する。
 特に召喚時に蘇生効果を持つチューナー《ヴァレット・シンクロン》リクルートよりも手札に加えたいカードなのでこれを利用する価値がある。
 《ヴァレット・トレーサー》を利用すれば、召喚権を使わずヴァレルカウンターを乗せた《ヴァレルロード・S・ドラゴン》を用意できる(《クイック・リボルブ》のページ参照)。
 リンク召喚した自身を破壊《ヴァレット・リチャージャー》サルベージすることでその《ヴァレット・リチャージャー》効果を即座に使用して闇属性蘇生することも可能。

  • 「striker」は英語で「叩く人」「叩く物」などを指すが、ヴァレット関連であることを考えるとピストルなどに使われる発火装置の一種「ストライカー」が由来か。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ストライカー・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 闇属性 ドラゴン族 攻1000

広告