《ストライピング・パートナー》

特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1200/守1600
このカードは通常召喚できず、
このカードの(1)の効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドで発動したモンスターの効果の発動が無効になった場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 EXTREME FORCEで登場した光属性サイバース族特殊召喚モンスター
 自身の効果でのみ特殊召喚できる召喚条件自分フィールド発動したモンスター効果無効にされた時のみ特殊召喚できる誘発効果特殊召喚に成功した時に下級サイバース族蘇生する誘発効果を持つ。

 (1)の効果による特殊召喚の条件は、モンスター効果発動無効になった場合。
 自分で満たす場合、まともにカウンター罠などを使うとディスアドバンテージが大きい。
 ディスアドバンテージを抑えて無効にするなら《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》か、《エンペラー・オーダー》のほぼ二択となる。
 《星杯の守護竜》対象を取るモンスター効果発動無効にし、墓地から蘇生もできるのでディスアドバンテージにはなりにくいが、リンク状態が必要となるので、《アンダークロックテイカー》との併用が必須。
 相手無効トリガーとするには条件が限定され過ぎているのが難点で、「効果無効にする」「そもそも発動できない」妨害をされると腐ってしまう。

 (2)の効果サイバース族下級モンスター蘇生であり、エクシーズ召喚リンク召喚にそのままつなげる事ができる。
 発動さえできれば有用であるのだが、やはり特殊召喚のしづらさが足を引っ張ってしまう。

  • 「striping」は、情報を複数のハードディスクに分散し同時に書き込むことを意味する。
    速度が上昇するものの、ハードディスクのうち1つでも破損するとすべてのデータが使用不能になるという弊害がある。

収録パック等


Tag: 《ストライピング・パートナー》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星4 光属性 サイバース族 攻1200 守1600 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告