《スピリッツ・オブ・ファラオ/Spirit of the Pharaoh》

効果モンスター
星6/光属性/アンデット族/攻2500/守2000
このカードは通常召喚できない。
「第一の棺」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
自分の墓地からレベル2以下のアンデット族通常モンスターを
4体まで特殊召喚する事ができる。

 ファラオの遺産で登場した光属性アンデット族特殊召喚モンスター
 通常召喚できず、《第一の棺》効果でのみ特殊召喚できる召喚条件墓地からアンデット族特殊召喚する誘発効果を持つ。

 特殊召喚までの手順については《第一の棺》を参照。

 特殊召喚成功時には、レベル2以下のアンデット族通常モンスターを同時に4体まで蘇生できる。
 蘇生した通常モンスターはそのままでは貧弱だが、《サウザンドエナジー》《下克上の首飾り》1ターンキルを狙える。
 エクシーズ召喚に繋げる事もでき、素材指定のあるエクシーズモンスターも簡単に出せる。
 他、取れる戦法は《ファラオのしもべ》《マーダーサーカス・ゾンビ》を参照。

 このように使用法は色々考えられるが、やはり特殊召喚するまでの手間が厳しく、またステータスモンスター効果もそれに見合ってるとは言い難い。
 《天輪の双星道士》効果モンスター蘇生でき、《トライワイトゾーン》であれば1体少なくなるものの面倒な発動条件もなくほぼ同様のことが可能。
 デッキスロットを圧迫し、デッキ構築も困難なこのカードならではのメリットを見出すのは、現状でも難しい。

 このカードを使う場合、《トライワイトゾーン》等とはむしろ積極的に併用していきたい。
 手間自体はかかるものの、《第一の棺》さえ発動に成功すればデッキ圧縮は行える。
 手札で腐ったとしても、《冥界龍 ドラゴネクロ》融合素材にできる。
 《ゾンビキャリア》《エッジインプ・シザー》を使えば、《第二の棺》らが腐る事もある程度防げる。

  • アニメでもあまり強く思われていなかったらしく、十代からは「手間暇かけた割にはそんなに攻撃力が高くない」と評された。
    原作において似たような扱いを受けたカードとして、《邪神イレイザー》が挙げられる。

関連カード

レベル2以下のアンデット族通常モンスター

収録パック等


Tag: 《スピリッツ・オブ・ファラオ》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星6 光属性 アンデット族 攻2500 守2000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告