《スピリットバリア/Spirit Barrier》

永続罠
自分フィールド上にモンスターが存在する限り、
このカードのコントローラーへの戦闘ダメージは0になる。

 SOUL OF THE DUELISTで登場した永続罠
 プレイヤーへの戦闘ダメージを0にする効果を持つ。

 プレイヤーへのダメージを無効化するだけであり、戦闘による自分モンスター破壊を防ぐことはできない。
 また、自分の場にモンスターがいない時の直接攻撃に対しても無力である。
 ただし、自分フィールド上にモンスターが1体だけの際、相手モンスター攻撃で超過ダメージが発生しても、コントローラーへの戦闘ダメージは0になる。
 これはダメージ計算の後にモンスターへの破壊処理が入るためである。

 利用法としては以下のようなものが挙げられる。

  1. 《アストラルバリア》雲魔物等の戦闘破壊耐性を持つモンスター、あるいは《伝説のフィッシャーマン》等の攻撃対象にされないモンスターと併用することで戦闘ダメージを防ぐ。
  2. リクルーター等の戦闘破壊された時に効果発動するモンスター戦闘によって発生する戦闘ダメージを防ぐ。
    リクルーターからリクルーターによって繋げる事でダメージを受けないとなり、自爆特攻も補助できる。
  3. 《魂を削る死霊》等、攻撃力の低いモンスターの保険として使う。
  4. 相手モンスター貫通効果直接攻撃効果を無力化。

 特に《アストラルバリア》とのコンボモンスターが存在する限りダメージを受けなくなるため時間稼ぎになる。
 どちらも永続罠なので《宮廷のしきたり》で守れば突破されにくくなる。

  • 名前に「スピリット」とあるが、基本的にフィールドに残らないスピリットとは相性が悪い。
    単純に「精神」などの意味か、精霊使いの「使い魔(精霊)」という意味合いだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上に《スピリットバリア》が存在しているときに《ディメンション・ウォール》発動は可能ですか?
A:相手フィールド上に《スピリットバリア》が存在する場合、相手戦闘ダメージを受けないため、自分《ディメンション・ウォール》発動する事はできません。(09/08/17)

Q:このカードが存在する時に相手《毒蛇神ヴェノミナーガ》《E・HERO ワイルドマン》自分モンスター戦闘を行う場合、自分が受ける戦闘ダメージは0になりますか?
A:はい、なります。(10/06/12)


Tag: 《スピリットバリア》 永続罠

広告