《スプリット・(デモン)・ローズ/Regenerating Rose》

効果モンスター
星7/闇属性/植物族/攻   0/守1500
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分フィールド上に「D・ローズトークン」
(植物族・闇・星3・攻/守1200)を2体特殊召喚する事ができる。

 PHANTOM DARKNESSで登場した闇属性植物族最上級モンスター
 戦闘破壊された時にトークンを生成する誘発効果を持つ。

 最上級モンスターでありながら攻撃力0と非常にステータスが低い。
 そのため《ローンファイア・ブロッサム》だけでなく《キラー・トマト》でのリクルートが可能となる。
 リクルート後は自爆特攻《強制転移》によるコントロール交換からの戦闘破壊トークンの生成が狙える。

 しかしトークン2体を生成できるとは言え、それならば生成の条件が非常に緩い《ダンディライオン》を使った方が良い。
 一応こちらはトークンレベルが3と高めで、生成したターンにもアドバンス召喚リリース要員にできる利点がある。
 また、攻撃表示でも生成できるため、直接攻撃可能ならばそのまま合計2400の戦闘ダメージも与えられる。
 ステータスは高いとは言えないが、《暴走闘君》強化することで戦闘もこなせるようになる。

 トークン生成効果は考えずシンクロ素材等に利用するのも手だろう。
 《デブリ・ドラゴン》効果蘇生することで、そのまま《星態龍》シンクロ召喚に繋げられる。
 同じ闇属性植物族《イービル・ソーン》《キラー・トマト》と並べた後、《共振装置》を使うことでランク7のエクシーズ召喚もできる。
 《薔薇の聖騎士》で手早くサーチできるので、そのまま《七星の宝刀》《闇の誘惑》ドローに変換することも可能。
 《捕食植物サンデウ・キンジー》と共に《捕食植物キメラフレシア》融合素材として採用するのも良い。

  • 「スプリット(split)」とは「分離する」という意味である。
    戦闘破壊されると2体のトークンに分裂する効果そのものを指すと言える。
    英語名は「再生する薔薇」という意味であり、日本名と全く逆である。

関連カード

戦闘破壊トリガートークンを2体生成する効果については《雲魔物−羊雲》を参照。

収録パック等


Tag: 《スプリット・D・ローズ》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 植物族 攻0 守1500

広告