《スプレンディッド・ローズ/Splendid Rose》

シンクロ・効果モンスター
星6/風属性/植物族/攻2200/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分の墓地の植物族モンスター1体をゲームから除外して発動できる。
相手フィールド上のモンスター1体を選択し、
その攻撃力をエンドフェイズ時まで半分にする。
また、このカードが攻撃したバトルフェイズ中に、
自分の墓地の植物族モンスター1体をゲームから除外して発動できる。
このカードの攻撃力をエンドフェイズ時まで半分にし、
そのバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 THE SHINING DARKNESSで登場した風属性植物族シンクロモンスター
 墓地植物族除外コスト相手モンスター弱体化させる起動効果と、同様のコスト攻撃力半減を代償に連続攻撃できる起動効果を持つ。

 シンクロ召喚には縛りがないが、レベル6としてはステータスが低く、効果コスト植物族が必要であり、ほぼ【植物族】専用である。
 ただ、単体でも攻撃力4400以下までを処理できるので、植物族を併用するデッキならば採用を考慮してもいい。
 貴重な「シンクロ素材縛りのない風属性シンクロモンスター」だが、植物族はこのカードを除くと8体しかおらず【風属性】での活躍は難しい。
 また2種類の効果の両方のコストが必要なために、墓地リソースの消費が激しい。
 《薔薇の刻印》《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》と併用し、除外利用を軸としたデッキを組むのも手か。
 《星邪の神喰》なら墓地コスト確保なども可能になる。
 長期戦は同レベル《ヘル・ブランブル》に任せ、こちらは攻撃的な効果を活かしフィニッシャーとして活躍させる事が望ましい。
 植物族のみなら《一族の結束》強化するのも有効な手立てになる。

 1つ目の効果攻撃力4400未満のモンスターを倒せる。
 大体のモンスターに対応するので、打点の低い【植物族】には非常に役に立つだろう。

 2つ目の効果は、バトルフェイズ中ならば攻撃後いつでも発動できる。
 そのため、別のモンスター攻撃してから2度目の攻撃も狙える。
 他のモンスターフィールドを空けてからこのカードの効果発動する等の戦法も有効である。

  • シンクロ召喚時の口上は「聖なる森に潜みし華麗なる棘の狩人よ、戒めの鞭を持ちて今こそ姿を現せ!シンクロ召喚!現れろ、《スプレンディッド・ローズ》!」
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 5以降では上記の台詞がアキのシンクロ召喚の際の汎用台詞となっている。
    ただ何故か、「今こそ姿を現せ、」と感嘆符が読点になっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:両方とも起動効果です。(10/02/20)

Q:1つ目の効果攻撃力が2000から1000になったモンスターが存在します。
  そのモンスター《憎悪の棘》を装備したモンスター攻撃し、攻撃力を600下げた場合、エンドフェイズ攻撃力はどうなりますか?
A:1400になります。(10/12/16)

Q:《軍神ガープ》フィールドに存在し、戦闘破壊をした《スプレンディッド・ローズ》が2つ目の効果発動しています。
  この時《月の書》を《スプレンディッド・ローズ》を対象発動しました。
  この場合、《軍神ガープ》永続効果で再び攻撃表示になりますが、この時、《スプレンディッド・ローズ》は攻撃を行えますか?
  また、《スプレンディッド・ローズ》の2つ目の効果は再び発動できますか?
A:いいえ、その場合2回目の攻撃は行えません。(10/12/16)

Q:このカード《閃光の双剣−トライス》効果2回攻撃を行った後に、同じバトルフェイズ中にこのカードのもう1度攻撃できる効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/11/28)


Tag: 《スプレンディッド・ローズ》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 風属性 植物族 攻2200 守2000

広告