《スペース・インシュレイター/Space Insulator》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1200
【リンクマーカー:上/下】
モンスター2体
(1):このカードのリンク先のモンスターの攻撃力・守備力は800ダウンする。
(2):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドにサイバース族リンクモンスターがリンク召喚された時に発動できる。
そのモンスターのリンク先となる自分フィールドにこのカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはリンク素材にできず、
フィールドから離れた場合に除外される。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先モンスター弱体化する永続効果サイバース族リンクモンスターリンク召喚トリガーとしてリンク先自己再生する誘発効果を持つ。

 (1)の効果による弱体化リンク先であればどちらのモンスターかを問わない。
 基本的にエクストラモンスターゾーンや、エクストラモンスターゾーン相手モンスターの正面に出し、相手モンスター弱体化を狙いたい。
 (2)の自己再生効果エクストラモンスターゾーン相手モンスターの正面に出してもいい。
 自分モンスター弱体化してしまう場合はこのカードリンク素材に使って処理してしまいたい。

 (2)の効果サイバース族リンク召喚に成功した場合の自己再生効果
 墓地へ送られたターンでは自己再生できないため、リンク3以上へのつなぎに使うなどして、速やかに墓地へ送り、自己再生の準備を整えておきたい。
 しかし、自己再生できてもリンク素材に使えないため、使い道はリリース融合素材などに限定される。

 主な使い道としては、効果の発動リンク先モンスターを要求するサイバース族リンクモンスターのサポートが考えられる。
 例えば《セキュリティ・ドラゴン》エクストラモンスターゾーンに出し、このカードをその下に自己再生させれば、相互リンク状態となりあちらのバウンス効果が使える。
 また《V−LAN ヒドラ》エクストラモンスターゾーンに出し、その下のリンク先にこのカード自己再生すれば、このカードリリースしてV−LANトークン2体にでき、リンク素材にできない制約は解除できる。
 その他では、《エンコード・トーカー》リンク先に出して攻撃し、あちらの強化効果トリガーにしたり、《パワーコード・トーカー》リリースに使う手などが考えられる。

  • 「insulator」は英語で断熱材・絶縁体などの意味がある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《スペース・インシュレイター》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 闇属性 サイバース族 攻1200

広告