《スリーストライク・バリア/Three Strikes Barrier》

通常罠
(1):相手フィールドのカードが3枚のみの場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このターン、自分のモンスターは戦闘では破壊されない。
●このターン、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
●このターン、自分のモンスターが相手に戦闘ダメージを与える度に、その数値分だけ自分のLPを回復する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した通常罠
 相手フィールドのカードが3枚のみの時、戦闘破壊耐性付与、戦闘ダメージを0にする、戦闘ダメージを与える度にライフ回復のいずれかを適用する効果を持つ。

 発動条件が限定されているが、フリーチェーンなので相手の展開過程やカードセットした後などに相手カードが3枚になり、発動条件を偶然満たす機会もあるだろう。
 能動的にカード枚数の調整をして発動条件を満たすことも考えられるが、見返りが少ない為、単体除去で1枚ほどの調整を狙えるかどうかというところ。
 特に上2つの効果は両方を兼ね備え発動条件もない《和睦の使者》を使えば十分である。
 防御目的では《威嚇する咆哮》《覇者の一括》も存在しており、戦闘破壊耐性戦闘ダメージ0とのコンボを狙うにしても発動条件のない《攻撃の無敵化》が存在する。

 唯一独自性があると言える3つ目の効果は、与えた戦闘ダメージ分のライフ回復である。
 だが、上記二つの効果と違い自分ターン発動しなくてはほとんど意味がないため、発動条件を満たす難易度が上がる。
 その上戦闘ダメージを与えられる状況なら、このカードライフ回復を狙うよりも他のカード強化して戦闘ダメージを増やした方が勝利に近づく。
 ライフ回復ライフの差をトリガーとするカードを併用するにしても、それらの多くは天使族なので《ダグラの剣》で十分な上、準備の必要なく大幅な回復が可能な《女神の加護》などもある。
 事実上の上位互換カードが存在している以上、現状では採用は厳しい。

関連カード

―類似効果

収録パック等


Tag: 《スリーストライク・バリア》 通常罠

広告