《セイクリッド・エスカ/Constellar Zubeneschamali》

効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1400
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
デッキから「セイクリッド」と名のついた
モンスター1体を手札に加える事ができる。

 DUEL TERMINAL −星の騎士団 セイクリッド!!−で登場した光属性機械族上級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功したとき、セイクリッドモンスターサーチする誘発効果を持つ。

 セイクリッド《E・HERO エアーマン》といったサーチ効果を備えているが、あちらと違い上級モンスターなので扱いが難しい。
 《死者蘇生》《リビングデッドの呼び声》等の蘇生カードや、《帝王の烈旋》等のアドバンス召喚サポートは必須となる。

 【セイクリッド】でも《セイクリッド・ハワー》による蘇生《セイクリッド・ポルクス》《セイクリッド・ソンブレス》等で召喚をサポートできる。
 しかしこのデッキでは下級モンスターを中心にエクシーズ召喚へと繋げるのが基本である。
 《セイクリッド・プレアデス》エクシーズ素材とする場合も、レベル5として扱える《セイクリッド・カウスト》で充分な場合が多い。
 《エフェクト・ヴェーラー》等で妨害されにくい利点を差し引いても、専用構築でもない限りお呼びがかかることはまずないだろう。
 攻撃力上級モンスターとしては《フォトン・スラッシャー》と相打ちになる程度であり頼りなく、エクシーズ召喚を封じられた際の戦線維持としても期待しにくい。

 独自の利点としてセイクリッドでは唯一のレベル5・機械族モンスターという点が挙げられる。
 このため《簡易融合》から《重装機甲 パンツァードラゴン》特殊召喚することで、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》エクシーズ召喚できる。
 《セイクリッド・プレアデス》と使い分けられ、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》に繋げられるという点は《セイクリッド・カウスト》には無い利点である。

  • 黄道十二星座の1つ、てんびん座を守護星座とするセイクリッド
    このモンスター自体も下皿てんびんがモチーフとなっており、頭部にはひも等で吊り下げるための金輪が、両腕には皿のようなパーツが確認できる。
    カード名の元となっているのは、恐らくてんびん座のβ星「ズベン・エス・カマリ(Zuben-Es-Chamali)」。
    アラビア語で「北の爪」を意味する言葉が語源となっており、かつててんびん座がさそり座の一部だったことの名残である。
    英語名ではそのままのネーミングとなっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《セイクリッド・エスカ》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 機械族 攻2100 守1400 セイクリッド

広告