《セイクリッド・トレミスM7(メシエセブン)/Constellar Ptolemy M7》

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/光属性/機械族/攻2700/守2000
レベル6モンスター×2
このカードは「セイクリッド・トレミスM7」以外の
自分フィールド上の「セイクリッド」と名のついたエクシーズモンスターの上に
このカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚した場合、このターンこのカードの効果は発動できない。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
自分または相手のフィールド上・墓地のモンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した光属性機械族エクシーズモンスター
 特殊なエクシーズ召喚方法を持ち、フィールド墓地モンスター手札戻す起動効果を持つ。

 相手または自分フィールドモンスターバウンス、または自分相手墓地モンスターサルベージが行える。

 モンスターバウンスは、基本的に《氷結界の龍 ブリューナク》等と同様に、下級モンスターではなく、再利用しにくい相手エクシーズモンスター等を狙いたい。
 【セイクリッド】では誘発即時効果《セイクリッド・プレアデス》と比較すると、起動効果故にやや対応力に欠けるが、発動条件はこちらも無く素の攻撃力も高いので、単純なモンスター除去としては充分と言える。
 自分《セイクリッド・シェラタン》等の召喚時に誘発効果発動するモンスターバウンスしてもいいが、このカードサルベージも出きるので可能な限り控えておきたい。

 サルベージモンスターカードであれば何でもサルベージできるので、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》等の特殊召喚モンスターや、《セイクリッド・シェラタン》等の召喚時に誘発効果発動するモンスター手札に戻せばアドバンテージを得ることができる。
 このカードエクシーズ素材になっているモンスター手札に戻す使い方もある。
 また、サルベージ相手墓地モンスターも対象になるので、《地獄詩人ヘルポエマー》等の墓地効果発動するモンスターの対策や特殊召喚モンスター戻し蘇生制限をリセットさせることもできる。
 ただし、相手手札に加わるため、直接使われずとも手札コストなどに利用される恐れがあるため、除外デッキに戻すことで対処した方が効果的なので、他に手が無い場合の最終手段として留めておくべきだろう。
 総合すれば、基本的に相手モンスターバウンスを狙い、場合によっては自分墓地からサルベージを狙うといった運用になるだろう。

 特殊な召喚方法として他のセイクリッドエクシーズモンスターに重ねて出すこともできる。
 セイクリッドの中で一番高い攻撃力を持つので、一種の単体強化として見ることもできる。
 しかし、この方法で特殊召喚したターン効果が使えず、警戒した相手にすぐ除去される可能性が高いので使いやすいとは言い難い。
 とはいえ、レベル6×2を並べるよりも簡単に出せることや、エクシーズ素材がなくなったセイクリッドエクシーズモンスターを有効活用できるのがこのカードの強みと言える。
 また、このカードランク6であるため、実質全てのセイクリッドエクシーズモンスター《迅雷の騎士ガイアドラグーン》にする事ができる。
 レベル3×2で《セイクリッド・ヒアデス》エクシーズ召喚し、相手守備表示にした上でこのカードを出し、《迅雷の騎士ガイアドラグーン》にして攻撃すれば大抵のモンスター貫通ダメージ付きで処理できる。

 通常のエクシーズ召喚を行う場合、セイクリッドなら《セイクリッド・レスカ》《セイクリッド・アンタレス》《セイクリッド・カウスト》を使うと良い。
 エクシーズ素材縛りがないので他のデッキでも比較的出しやすく、効果汎用性も相まって様々なデッキで活用できる。
 メインデッキを圧迫しない《死者転生》としても使え、モンスターの再利用、除去を併せ持つ点から、カオス植物族などのレベル6を並べることが容易なデッキにおいて多用されている。
 【帝コントロール】ではレベル6のエクシーズ素材にでき、墓地フィールド上のを回収することで再度効果を狙うこともできるので相性が良い。
 レベル6軸の【リチュア】レベル6を並べやすく、サルベージ効果の相性が良いデッキであり、特に【聖刻リチュア】では3枚積みされる。
 また、《携帯型バッテリー》により《燃料電池メン》を並べられる【電池メン】とは光属性サポートを共有でき、また《電池メン−単四型》サルベージすることでエクシーズ召喚を繰り返し狙えるなどこちらも相性が良い。

  • 「M7」はさそり座にある散開星団であり、さそり座の尾の部分にあたる。
    非常に古くからその存在が知られており、1世紀のローマの天文学者プトレマイオス(英語ではトレミー/Ptolemy)も観測していた記録が残っていることから「トレミー星団」と呼ばれることもあり、「トレミス」はこの部分から来ているのであろう。
    また「M1」から「M110」まで存在する「M○」という名前の天体は、18世紀フランスの天文学者メシエが自身の書籍「メシエカタログ」に掲載した天体であることを意味する。
    元々は「メシエカタログの○番」と呼ばれていたが、やがて「メシエ○」と短縮され、現在では「M○」と呼ばれるようになった。
    この星団も日本では専ら「エムなな」等と読まれているが、英語圏では「メシエ7(Messier 7)」という呼称も残っている。

関連カード

エクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚できるカードこちらを参照

―《セイクリッド・トレミスM7》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:対象を指定する効果ですか?
A:はい、自分フィールド上・自分墓地相手フィールド上・相手墓地に存在しているモンスターのうち、いずれか1体を対象に指定する効果です。(12/06/28)

Q:セイクリッドと名のついたエクシーズモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚を行ったこのカードをそのターン《月の書》等の効果裏側表示にし、同じターン《太陽の書》等の効果表側表示にした場合、そのターン手札に戻す効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/02/08)

Q:墓地カード対象に《セイクリッド・トレミスM7》の効果発動する場合、その効果に対して《リ・バウンド》発動することはできますか?
A:いいえ、できません。(12/04/15)

Q:自分フィールド上にこのモンスターしか存在せず、自分墓地相手フィールド墓地のいずれにもモンスターが存在しない場合、このカード効果発動することはできますか?
A:はい、発動できます。(12/06/28)

Q:自分墓地モンスターが存在しないときにこのカード効果発動し、コストとして墓地に送られたエクシーズ素材となっていたモンスターを選択して手札戻すことはできますか?
A:はい、できます。(12/06/28)

広告