《ゼロ・デイ・ブラスター/Zero-Day Blaster》

通常罠
(1):自分フィールドの闇属性リンクモンスター1体をリリースし、
そのリンクマーカーの数だけフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 ストラクチャーデッキ−リボルバー−で登場した通常罠
 闇属性リンクモンスターリリースし、そのリンクマーカーの数だけフィールドのカード除去する効果を持つ。

 闇属性リンクモンスターを中心に使用するデッキではフリーチェーン除去として利用できる。
 高リンクコストにすれば3枚以上の除去も可能だが、そのモンスターを出す過程の消費も考慮すると総合的にアドバンテージとなるかは状況次第。
 サクリファイス・エスケープに使う、蘇生帰還を利用するなどの工夫も欲しい。
 守護竜リンクモンスターリリースし、ドラゴン族以外出せない制限を解除するという運用も狙える。

 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》適用中では、相手リンクモンスターコスト除去した上で追加の除去も可能と凶悪なカードとなる。
 相手リンクモンスターを出す過程で消費したカードも考慮すると驚異のアドバンテージを得られる可能性もある。
 もっとも、《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》がある時点で相手リリースするカード全般を警戒するため、高リンクモンスターリンク召喚する前にあちらか伏せカード除去する可能性は高い。

 必ずリンクマーカーの数だけ対象にしなければならない点に注意が必要。
 相手フィールドのカードの枚数が少ない状態で高リンクコストにすると自分フィールドのカード破壊しなければならなくなる。

  • モチーフは「ゼロデイ攻撃」だろう。
    システムの欠陥や脆弱性が修正される前に行われるサイバー攻撃の事であり、いつか脆弱性が修正される日(ワンデイ)より前に攻撃を行うのが名前の由来である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vs草薙翔一」戦では、草薙が上記のモチーフを同じとする《コードブレイカー・ゼロデイ》を使用している。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ゼロ・デイ・ブラスター》 通常罠

広告