《ソーンヴァレル・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
「ヴァレット」モンスターを含むドラゴン族モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨て、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果でリンクモンスターを破壊した場合、さらにそのリンクマーカーの数まで、
自分の手札・墓地から「ヴァレット」モンスターを選んで特殊召喚できる(同名カードは1枚まで)。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンク2以下のモンスターをEXデッキから特殊召喚できない。

 ストラクチャーデッキ−リボルバー− エクストラデッキ強化パックで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 1枚の手札コストフィールド表側表示モンスター破壊し、それがリンクモンスターであったならばヴァレットモンスター特殊召喚できる起動効果を持つ。

 手札コスト1枚でモンスター1体を破壊するリンクモンスターとしては《トロイメア・ケルベロス》もある。
 こちらはリンクモンスター破壊すればヴァレット蘇生できるのが大きなメリットとなる。
 相手の大型リンクモンスター破壊し大量蘇生を行えるのが理想的だが、状況によっては自分リンクモンスター破壊蘇生につなげることも考慮しておきたい。

 ただし、破壊の後に特殊召喚を行う・行わないを問わず一部のリンク召喚に制限がかかってしまう。
 リンク3以上のリンク召喚、あるいはシンクロ召喚などリンク召喚以外の特殊召喚で戦線を維持したい。

 対象に制限はないため、ヴァレットを選択してその効果を使うこともできる。
 このカード自身を対象にして破壊し、ヴァレット2体の蘇生も可能。

  • 右腕の銃身が2本あることから、カード名の「ソーン」はアイスランド語で「2」を表すアルファベットのことだろう。
    直訳すると「ダブルバレル」である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ソーンヴァレル・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 ドラゴン族 攻1000 ヴァレル

広告