《ゾディアック(サイン)/Zodiac Sign》

フィールド魔法
(1):自分フィールドの「十二獣」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分フィールドの攻撃力が一番高い獣戦士族モンスター以外の自分の獣戦士族モンスターを相手は攻撃対象に選択できない。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの「十二獣」モンスターが効果で破壊される場合、
その「十二獣」モンスター1体の代わりに自分の手札・フィールドのモンスター1体を破壊できる。

 レイジング・テンペストで登場したフィールド魔法
 十二獣全体強化する効果攻撃力が最も高い獣戦士族以外を攻撃対象にできなくなる効果十二獣1体が破壊される代わりに手札フィールドモンスター破壊できる効果を持つ。

 (1)は《イグニッションP》などにも見られる全体強化
 十二獣の主力となるエクシーズモンスターは、素材となっている十二獣の攻守の合計がステータスとなる。
 複数のエクシーズ素材で大幅に強化されているか、逆に攻守0のモンスターのみを素材にしているかのどちらかという場合が多く、影響はオマケ程度である。
 一応、《十二獣ヴァイパー》《十二獣サラブレード》の2枚をエクシーズ素材として攻撃力2800止まりになっている状況は起こりやすく、そこにこのカードを使えば3000を超えることはできる。

 (2)は効果獣戦士族専用の《ガリトラップ−ピクシーの輪−》と言うべきものだが、同じ攻撃力モンスターを並べた場合にはどちらにも攻撃できる点が異なる。
 十二獣エクシーズモンスターステータスが0であることも少なくないので、それらを戦闘破壊から守りやすくなる。
 《十二獣ヴァイパー》エクシーズ素材にしたモンスターしか攻撃できなくなれば、相手攻撃をし辛くなる。

 (3)は十二獣モンスター破壊される場合に手札フィールドモンスターを身代わりにできる効果
 十二獣破壊耐性を持たないためその点を補え、1ターンに1度しか使えないものの、手札からも破壊できるので、破壊された場合の効果を持つモンスターとのコンボを匂わすことで牽制できる働きがある。
 《十二獣ラム》《十二獣ラビーナ》破壊すればその効果蘇生サルベージに繋ぐことができる。
 《十二獣ドランシア》効果《十二獣ドランシア》自身を対象に発動することで能動的に使うこともできる。
 破壊するモンスター十二獣に限らないため、その他の破壊された場合の効果を持つカードも利用できる。
 《炎王獣 ヤクシャ》《炎王獣 バロン》なら《十二獣ブルホーン》からサーチ可能で破壊された場合の効果発動できる。
 《炎王神獣 ガルドニクス》全体除去からもこのカードで守ることができるため相性が良く、効果発動した《炎王神獣 ガルドニクス》自体も破壊できるので毎ターン全体除去を使うことも可能。

 どの効果も使い途がないわけではないのだが、全体的に受け身な効果アドバンテージが得られるわけでもない。
 このカード自身が十二獣の名を持たない事もあり、【十二獣】でも採用率は低い。

  • 英語名では「Zodiac」と「Zoodiac」となっているので関連性が分かりやすくなっている。
  • 「ゾディアックサイン(zodiac sign)」とは通常、英語で星座の事を指すが、十二支との関連を考えると「黄道十二宮」の事を指していると思われる。
    「黄道十二宮」は、星座そのものではなく等分した黄道上の領域のことを言う。
    十二支は古代中国の天文学での天球分割法の十二辰の名称にもなっており、黄道十二宮と区分けの仕方は同じである。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《禁じられた聖槍》効果適用されたモンスターで、攻撃力が低い方の獣戦士族モンスター攻撃対象にできますか?
A:可能です。(17/03/12)


Tag: 《ゾディアックS》 魔法 フィールド魔法

広告