《ゾンビキャリア/Plaguespreader Zombie》

チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 400/守 200
(1):このカードが墓地に存在する場合、
手札を1枚デッキの一番上に戻して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した闇属性アンデット族下級モンスターチューナー
 手札1枚をデッキトップ戻す事で墓地から特殊召喚する起動効果と、自身の効果蘇生したこのカードフィールド上から離れた場合に除外する効果を持つ。
 《デスカイザー・ドラゴン》《蘇りし魔王 ハ・デス》《アンデット・スカル・デーモン》の専用シンクロ素材であり、アンデット族初のチューナー

 自己再生効果を持ち、通常召喚したモンスターと共に即シンクロ召喚につなげられる。
 特に《終末の騎士》との相性は良く、素早くレベル6のシンクロモンスターを出す事ができる。
 また、【アンデット族】では豊富な蘇生手段により、自己再生を含む複数の特殊召喚を経由してシンクロモンスターを大量展開する事が可能。
 除外後は《異次元からの埋葬》等で墓地に戻す事で再利用でき、《馬頭鬼》とも共有できる。

 デメリットとなるドローロックも、デッキトップを参照するカードと併用することでメリットに転換させられる。
 《大逆転クイズ》《D−HERO ダイヤモンドガイ》と組み合わせる事で確実に効果発動できる。
 ただし、《大逆転クイズ》はこのカードコストとして墓地へ送る事はできないので、何らかの方法で事前にフィールドから離す必要がある。
 《モンスターゲート》なら自己再生した自身をコストにでき、デッキトップに置いたモンスター特殊召喚できるので相性が良い。
 《アームズ・ホール》《E・HERO プリズマー》とも好相性であり、どちらも戻したカードを能動的に墓地へ送れ、特に前者は《D・D・R》サーチすればお互いのカードデメリットを相殺できる。
 フィールド墓地の状況に左右されるが《モンスター・スロット》デメリットを回避しつつ展開するといった運用も可能。
 【D−HERO】では《D−HERO ダッシュガイ》効果のサポートや《D−HERO ディアボリックガイ》手札事故の回避に利用できる。

 チューナーとして使用する以外では、アドバンス召喚リリース要員の他、エクシーズ召喚とも相性がいい。
 自身の効果特殊召喚したこのカードエクシーズ素材にする事で除外されるデメリットを打ち消す事ができる。
 《ボルト・ヘッジホッグ》との併用で何度もエクシーズ召喚が可能になり、ランク2のエクシーズモンスター手札1枚から出せる。

 墓地発動する効果であるため、《エンド・オブ・アヌビス》《ソウルドレイン》には無力である。
 また、モンスター効果の発動に対して《D.D.クロウ》を使用されると、コストの面も含めてディスアドバンテージに直結してしまう。
 扱いやすいカードではあるものの、普通に使えばドローロックとなるので、実質一度切りの自己再生はどのタイミングで使うべきかはよく考えたい。

  • 古典コンピューターRPG「Wizardry」シリーズには「キャリアー」という名のゾンビモンスターがしばしば登場しており、モチーフとなったと考えられる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sでは、イリアステルによって見せられた「未来のネオ童実野シティ」の映像にこのカードが映っている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALには基本デッキのいくつかに収録されており、プレイヤーのみ使用することができる。
    攻撃時には口からブレスを吐く。

関連カード

―《ゾンビキャリア》を指定するシンクロモンスター

―《ゾンビキャリア》の姿の見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自身を除外する処理は、チェーンブロックを作りますか?
A:作りません。(08/07/19)

Q:手札戻すのは、コストですか?
A:はい、コストです。(08/07/19)

Q:相手墓地に存在するこのカードを、効果自分フィールド上に特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。墓地持ち主のみが使えます。(08/07/19)

Q:墓地にこのカードが存在する時に、手札1枚を選択してデッキの一番上戻した後、墓地に存在するこのカード自分フィールド上に特殊召喚しないことはできますか?
A:いいえ、できません。戻したならば特殊召喚は必須です。(08/07/19)

Q:自身の効果によって特殊召喚した後に、《神禽王アレクトール》によって無効化された場合、フィールド離れるとどうなりますか?
A:除外されます。(08/12/26)

Q:自身の効果によって特殊召喚した後に、このカード《サクリファイス》等によって装備カードにされ、その後フィールド離れるとどうなりますか?
A:除外されます。(10/06/20)

Q:《王宮の鉄壁》適用中に発動できますか?
A:はい、発動できます。その状態でフィールド離れる場合、墓地手札等の本来送られる場所に送られます。(09/01/09)

Q:自身の効果墓地から特殊召喚《月の書》等で裏側表示にした後、フィールド上から離れる場合、ゲームから除外されますか?
A:いいえ、除外されません。(10/10/11)

Q:自身の効果墓地から特殊召喚したこのカードエクシーズ素材となり、取り除かれました。このカード除外されますか?
A:いいえ、除外されません。(11/03/19)

Q:自身の効果墓地から特殊召喚したこのカード《ジャンク・アーチャー》により除外された場合、エンドフェイズフィールド上に戻りますか?
A:いいえ、除外されたままです。(11/05/09)

Q:自分デッキが0枚の場合、このカードの効果手札1枚を選択してデッキの一番上戻した後、墓地に存在するこのカード自分フィールド上に特殊召喚はできますか?
A:はい、できます。(12/03/24)


Tag: 《ゾンビキャリア》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 アンデット族 攻400 守200

広告