《タキオン・ギャラクシースパイラル》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
自分フィールドに「ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドのドラゴン族の「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで、戦闘では破壊されず、自身以外のカードの効果を受けない。

 CHAOS IMPACTで登場した通常罠
 ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴンが存在する場合に手札から発動可能にする効果外テキストドラゴン族ギャラクシーモンスター戦闘破壊耐性及び効果耐性を付与する効果を持つ。

 ドラゴン族ギャラクシーはほとんどが大型モンスターであり、除去される危険性を減らせる。
 特に妨害効果を持つ《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》は生き残らせれば制圧による布陣を敷いていける。
 戦闘破壊耐性も付くので《銀河影竜》《銀河眼の煌星竜》のような攻撃力が低めのモンスターの補助や《オネスト》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》のようなカードを防げる。

 ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴンが存在する場合は手札からも発動でき、相手の思惑を崩すことができる。
 効果を通す前に妨害されることの多い《CNo.107 超銀河眼の時空龍》にとっては1ターンキルの補佐となってくれるだろう。

 なお、自分カードも含めてカードの効果を受けなくなるためRUMを使う際は発動のタイミングに気を付けたい。
 《銀河衛竜》等で《CNo.107 超銀河眼の時空龍》強化して1ターンキルを狙う場合なども噛み合いが悪い点にも注意。

関連カード

イラスト関連

ドラゴン族のギャラクシーモンスター

収録パック等


Tag: 《タキオン・ギャラクシースパイラル》 通常罠 ギャラクシー

広告