《タキオン・トランスミグレイション/Tachyon Transmigration》

カウンター罠
自分フィールド上に「ギャラクシーアイズ」と名のついたモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードの発動時に積まれていたチェーン上の
全ての相手の効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にし、
この効果で発動を無効にしたフィールド上のカードを全て持ち主のデッキに戻す。
自分フィールド上に「ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴン」と名のついた
モンスターが存在する場合、このカードは手札から発動できる。 

 PRIMAL ORIGINで登場したカウンター罠
 ギャラクシーアイズの存在を発動条件とし、チェーン上にある相手カード発動無効にしてデッキ戻す効果、特定条件下で手札からの発動を可能にする効果外テキストを持つ。

 発動条件としてギャラクシーアイズを必要とするため、基本的には【ギャラクシー】で採用することになる。
 ギャラクシーアイズを出しやすく、維持しやすいデッキ構成にする事が求められる。
 《銀河眼の雲篭》でも発動条件を満たせ、ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴンを使わないデッキでも十分採用できる。

 効果は、同一チェーン上で発動した相手カードを全て無効にしてデッキ戻すもので、カウンター罠の中でもトップクラスの有効範囲を持つ。
 複数のカード無効にできればアドバンテージは大きいが、相手チェーンを組む保証はないので、同時に複数のカードが発動した場合以外はチェーン2で発動することになるだろう。
 更に無効にしたカードデッキ戻すので、蘇生サルベージなどで再利用する事も許さない。
 破壊を伴わないため、《アーティファクトの神智》などを安全に止められる数少ないカウンター罠でもある。

 さらに、ギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴンフィールドに存在する場合は、手札から直接発動できるようになる。
 何の前触れもなく様々なカードに対処可能なカウンター罠が飛んでくるという状況を作れるため、相手にプレッシャーを与えることができる。

 なおフィールド外で発動したカードデッキに戻せない。
 また、ギャラクシーアイズ召喚特殊召喚に対する《神の警告》に対しては、他にギャラクシーアイズが存在しなければ発動できない。

  • 「トランスミグレイション(Transmigration)」は「転生」を意味する。
  • なお、本放送時の字幕では「タキオントランス・ミグレイション」と中黒の位置が異なっていた。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:チェーン2で発動できますか?
A:できます。(14/02/17)

Q:このカードの効果無効にできるのは「相手効果モンスター効果」と「魔法・罠カード」ですか?
  (自分魔法・罠カード無効にされますか?)
A:このカードの効果無効になるのは、「相手効果モンスター効果魔法・罠カード発動」のみです。
  従って、同一チェーン上の自分効果モンスター効果魔法・罠カード発動無効になりません。(14/02/15)

Q:相手の「発動済みの《血の代償》」の効果の発動に対し発動できますか?
A:いいえ、発動済みの《血の代償》効果の発動にこのカードチェーンして発動できません。(14/02/16)

Q:「チェーン1:相手発動済みの《血の代償》効果の発動」「チェーン2:相手《サイクロン》カードの発動」に対し発動した場合、チェーン2のみ無効にするのですか?
A:その場合、チェーン2の《サイクロン》発動のみを無効にしデッキ戻します。(14/02/22)

Q:フィールド《G・B・ハンター》が存在する時に、相手フィールド効果モンスター効果魔法・罠カード発動しました。
  自分はこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。
  また、発動無効になった効果モンスターフィールドに残り、魔法・罠カードデッキ戻ります。(14/02/24)


Tag: 《タキオン・トランスミグレイション》 カウンター罠

広告