《ダーク・オカルティズム》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ウィジャ盤」1枚または悪魔族・レベル8モンスター1体を選んで手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の手札・墓地の「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードの中から、
任意の数だけ選び(同名カードは1枚まで)、好きな順番でデッキの一番下に戻す。
その後、戻した数だけ自分はデッキからドローする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編5−で登場する通常魔法
 手札捨てることで《ウィジャ盤》レベル8・悪魔族サーチサルベージする効果、自身を墓地コスト《ウィジャ盤》死のメッセージデッキの一番下に戻してドローする効果を持つ。

 ディスアドバンテージこそ負うが、《ウィジャ盤》加える貴重な手段である。
 もう片方のレベル8・悪魔族加える効果《トーチ・ゴーレム》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》のようなディスアドバンテージに見合ったモンスターを加えたい。
 召喚権を必要としないために上記モンスターの制約を回避でき、《魔犬オクトロス》と差別化できる。
 《魔轟神獣ケルベラル》など捨てることで特殊召喚できる魔轟神と相性が良く、《魔轟神ディアネイラ》サーチすればそのままアドバンス召喚も可能である。

 (2)では《ウィジャ盤》死のメッセージデッキに戻してドローができる。
 墓地へ送られたこれらは魔法・罠カードということもあり回収手段に欠けていたが、それを補える。
 《貪欲な瓶》と比べると往復1ターン待つ点や、相手《D.D.クロウ》チェーンできない点があるものの、ドロー枚数が多く、デッキボトム戻すので新たに死のメッセージを引く確率が低い点が勝る。

 総じて【ウィジャ盤】では《ダーク・サンクチュアリ》に続く有用なサポートカードとなる。

  • 「オカルティズム(occultism)」はラテン語で「隠されたもの」を意味する「occulta」に由来する語であり、日本語では「神秘学」と訳される。
    一般常識では解明できてない分野(占星術・呪術など、いわゆるオカルト)の存在を認める思想、あるいはその思想に基づいた実践を意味する。
  • イラストは、原作バトルシティ編の「闇マリクvs闇バクラ」戦における、バクラ側がマリクに敗北した際の「俺は元々、闇そのものなんだからよ…」のセリフのコマと似ている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ダーク・オカルティズム》 魔法 通常魔法

広告