《ダーク・フュージョン/Dark Fusion》

通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、
悪魔族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン相手の効果の対象にならない。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した通常魔法
 悪魔族融合モンスター専用の融合魔法カードであり、融合召喚に成功したターン中に限り相手対象をとる効果への耐性を付与する追加効果を持つ。

 融合素材手札フィールドに用意する必要があるので、《融合》と比べてカード消費に差はない。
 こちらは《融合》にはない追加効果を持つが、融合召喚に成功したターン中の対象をとる効果限定のため、そのターン攻撃効果が若干通りやすくなる程度である。
 《融合》の方がサーチサルベージの手段が豊富に存在することもあり、《融合》を利用できないE−HERO以外ではこちらを優先するメリットは薄い。

 【E−HERO】で使用する場合は、もう1枚の専用融合召喚魔法カードである《ダーク・コーリング》が比較対象となる。
 こちらは墓地融合ができずディスアドバンテージは避けがたいが、耐性付与できる点に加え、融合素材除外せずに済むことやフィールド融合できることが利点となる。
 またフュージョンなので、《X・HERO ワンダー・ドライバー》に対応し保険が効くのも大きい。
 《竜魔導の守護者》とも好相性で、(1)の効果《E−HERO マリシャス・エッジ》手札コストにしてこのカードサーチし、(2)の効果でその《E−HERO マリシャス・エッジ》蘇生すれば、《E−HERO ダーク・ガイア》《E−HERO マリシャス・デビル》に繋げやすくなる。
 心もとない耐性付与も《E−HERO ダーク・ガイア》による1ターンキル狙いの場合にはある程度役に立つだろう。

 全体的な評価ではディスアドバンテージが少ない《ダーク・コーリング》に分がある。
 また、《覇王城》が存在すれば、サーチ手段が豊富な《融合》や付加価値を持つ他の融合召喚手段でもE−HERO融合召喚が可能となる。
 《覇王城》サーチや維持が容易な構築であれば、このカードの優先順位が下がる場合もあるだろう。
 ただし、逆に言えば他のカードを使用してE−HERO融合召喚を行う場合は《覇王城》が必須となるため、融合召喚に必要な手札が増えることは考慮しておきたい。
 また、《覇王城》自体のサーチ手段である《E−HERO アダスター・ゴールド》でこのカードを直接サーチすればE−HEROと他の融合モンスターの使い分けが狙える。
 《覇王城》フィールド魔法なので《テラ・フォーミング》などでのサーチは効くが、即効性のあるフィールド魔法サーチ手段の多くは制限カードである。

関連カード

サポート・関連カード

―類似効果

イラスト関連

このカードで融合召喚できる悪魔族融合モンスター

E−HERO

DDD

デストーイ

―それ以外

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ダーク・フュージョン》 魔法 通常魔法 フュージョン

広告