《ダーク・ホルス・ドラゴン/Dark Horus》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守1800
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手のメインフェイズ時に魔法カードが発動した場合、
自分の墓地のレベル4の闇属性モンスター1体を選択して特殊召喚できる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 PHANTOM DARKNESSで登場した闇属性ドラゴン族最上級モンスター
 相手メインフェイズ魔法カード発動した場合、レベル闇属性モンスター蘇生する誘発効果を持つ。

 レベル闇属性モンスターなので、《トレード・イン》《闇の誘惑》の2つの手札交換に使用できる。
 闇属性という観点では《ダーク・クリエイター》等、ドラゴン族という観点では《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》等、その属性種族から各蘇生カードを使用でき、簡単に特殊召喚することが可能である。

 このカード自身も蘇生効果を持つが、特殊召喚できるモンスター闇属性レベル4とかなり限定されている。
 蘇生相手ターン中なので蘇生したモンスター自分ターンまで生き残るとも限らない。
 そのため狙って使うことは考えず、発動すればラッキー程度に考えておくと良い。
 あるいは特殊召喚時に効果を使える《終末の騎士》などを利用したい。
 《忍者マスター HANZO》から《忍法 超変化の術》リクルートすれば、あちらを蘇生する事で後続の忍者サーチできるため相性が良い。
 ただしレベル4以上を墓地へ送る必要があり、【忍者】だとこのカード手札に引いてしまうと、ディスアドバンテージ覚悟でのアドバンス召喚など処理が必要となり使いにくくなる。
 《ゴブリンゾンビ》蘇生できれば、ほぼ確実にアドバンテージが取れる。

 【ドラゴン族】においては《アックス・ドラゴニュート》《神竜 アポカリプス》等の蘇生を狙うことができ、《バーストブレス》との併用も可能。
 《キラー・トマト》等のリクルーターモンスター除去ができる《ニュードリュア》、このカード対象をとる効果魔法・罠カードから守ってくれる《黒曜岩竜》蘇生させるのが望ましい。
 《ジャイアント・オーク》等の攻撃力2000以上のモンスター蘇生させ、《魔のデッキ破壊ウイルス》コストにするのも有効である。 

 モンスター効果の発動条件が相手メインフェイズだが、相手に依存せず自分速攻魔法発動すれば確実に効果発動できる。
 また、バトルフェイズ終了後のメインフェイズ2に発動すれば戦闘破壊される心配がなくなる。

関連カード

―《ダーク・ホルス・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果種別は何ですか?
A:誘発効果です。(07/11/24)

Q:どのタイミングで発動しますか?
A:魔法カード発動されたチェーンの一連の処理が終了した後に、このカードフィールド表側表示で存在している場合発動できます。(07/11/24)

Q:相手フィールド特殊召喚できますか?
A:できません。(07/12/21)

Q:自分フィールドのこのカード相手《精神操作》コントロール奪取された場合、自分相手効果発動できますか?
A:できません。(08/01/14)

広告