《ダークゾーン/Mystic Plasma Zone》

フィールド魔法
フィールド上に表側表示で存在する闇属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップし、
守備力は400ポイントダウンする。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場したフィールド魔法
 全ての闇属性モンスター攻撃力強化し、守備力弱体化させる。

 闇属性は数が多く、シンクロモンスターエクシーズモンスター汎用性が高いものが多いので、闇属性メインデッキに投入していなくとも《シャインスパーク》と並んで双方に多くの影響を及ぼしやすい。
 《M・HERO ダーク・ロウ》《エルシャドール・ミドラーシュ》といったモンスター制圧力・対抗力が上がり、《ヴェルズ・オピオン》《No.11 ビッグ・アイ》といったモンスター戦闘破壊が難しくなる。
 自分闇属性中心のデッキであっても上のモンスターによりピンチを招く恐れはあるため、注意しておきたい。
 見方によっては、《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》で対処できるモンスターを増やせるという戦略にもできなくはない。

 【D−HERO】【A・O・J】のような全体的に攻撃力が低めのデッキでは戦線強化を図れる。
 また【BF】では、《黒い旋風》サーチ対象を増やすと同時に、《BF−暁のシロッコ》強化能力を高め、それを合わせた《BF−黒槍のブラスト》貫通効果での1ターンキルも狙えるようになる。
 【ジャンク・ウォリアー】では、《ドッペル・ウォリアー》《幻影騎士団ロスト・ヴァンブレイズ》と併用すれば、相乗効果で爆発的な強化となり1ターンキルも狙いやすくなる。

 《奈落の落とし穴》にはかかりやすくなるが、それを逆手に取り《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》媒体を増やす事も可能。
 《影のデッキ破壊ウイルス》に関してはセット状態でなければ媒体にしづらくなるものの、破壊対象も増えるので一長一短である。

 《月読命》の処理範囲を広げる事もでき、闇属性モンスター守備力を下げ、攻撃力は1600まで上昇するため、対応範囲は爆発的に増加する。
 闇属性なら守備力1950、その他の属性守備力1550までならば対処可能となる。
 《魔界発現世行きデスガイド》《連鎖除外》から外せるなどの利点も存在する。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの3話では「アクションデュエル」の共通効果が追加されたこのカードが登場している。

関連カード

―特定の属性モンスター攻撃力を500ポイントアップし、守備力を400ポイントダウンするフィールド魔法

収録パック等


Tag: 《ダークゾーン》 魔法 フィールド魔法

広告