《ダイナレスラー・カパプテラ》

効果モンスター
星3/風属性/恐竜族/攻1600/守   0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。
(2):このカードが「ダイナレスラー」リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 
そのリンクモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。

 SOUL FUSIONで登場した風属性恐竜族下級モンスター
 相手モンスター1体を墓地へ送る起動効果、このカードダイナレスラーリンク素材となった場合にそのリンクモンスター強化する誘発効果を持つ。

 (1)は単体除去効果
 恐竜族下級モンスターでは珍しいノーコスト除去効果であり、さらに「墓地へ送る」なので破壊されない耐性を無視して除去が可能。
 しかし、相手モンスターの数が自分フィールド上のモンスターの数を上回っていないと使用できないという発動条件が少々厄介。
 自分フィールド上にこのモンスターのみの場合でも、相手モンスターが最低2体以上存在している状況でなければ効果発動できない。
 処理したいような大型のモンスター召喚するために数体のモンスターを素材にする事が多く、相手フィールドモンスター総数が減っていて効果が使えない場面も多いため、巻き返しに使う分には不安定な部分がある。

 (2)は自身をリンク素材にしたダイナレスラー強化する効果
 現在では唯一のダイナレスラーリンクモンスターである《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》なら攻撃力4000となる。

 (1)(2)の効果はどちらも有用だが、要求される条件がやや噛み合っていない。
 リンク召喚を狙うにはこちらも複数のモンスターを用意しなければならないが、そうすると(1)の発動条件が阻害される。
 また、(1)の効果アドバンテージを稼ぎやすいのだが、相手モンスターが減ってしまう。
 このカードに限らずダイナレスラー相手モンスターの数を参照する効果が多く、それらとの相性はあまり良くない。
 送りつけも併用したいところ。
 《ロストワールド》との相性は良く、トークン送りつけることで条件を満たせる。

  • 名前の由来は「カパプ」+「プテラノドン」だろう。
    カパプとは、イスラエルで開発された対テロ用の近接戦闘術である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ダイナレスラー・カパプテラ》 効果モンスター モンスター 星3 風属性 恐竜族 攻1600 守0 ダイナレスラー

広告