《ダイナレスラー・ギガ・スピノサバット》

シンクロ・効果モンスター
星8/地属性/恐竜族/攻3000/守   0
恐竜族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
(3):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(4):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドのカード1枚を破壊できる。

 DARK NEOSTORMで登場した地属性恐竜族シンクロモンスター
 戦闘時に相手魔法・罠カード発動を封じる永続効果、自身以外を攻撃から守る永続効果相手モンスター破壊する起動効果自分フィールドの他のカード破壊身代わりにできる永続効果を持つ。

 シンクロ素材として恐竜族チューナーが求められているが、恐竜族チューナーは数が少なく、一般的なデッキには採用されにくい。
 このため、主にシンクロ召喚のギミックを取り入れた【恐竜族】で運用することになるだろう。
 とりわけ【ジュラック】ならばシンクロ召喚を主体とした【恐竜族】なので無理なく採用できる。

 恐竜族チューナーはどれもレベルが1〜3なので、恐竜族下級モンスター同士でシンクロ召喚するのは少々難しいが、《ベビケラサウルス》《幻創のミセラサウルス》により簡単にリクルートできる。
 非チューナー側に縛りはないため、《サイバー・ドラゴン》をはじめとした半上級モンスターを採用すればシンクロ召喚自体は容易。
 恐竜族同士の組み合わせならば、特殊召喚が容易な《ダイナレスラー・パンクラトプス》《ジュラック・アウロ》の組み合わせが最も手軽にシンクロ召喚できる。
 他にも《真炎の爆発》《ジュラック・アウロ》を大量展開し、効果墓地ジュラックと入れ替えつつレベルを調整したり、自己特殊召喚効果を持つ《ダイナレスラー・コエロフィシラット》も使いやすい。

 (1)(2)の効果戦闘時の魔法・罠カード封殺と、他の自分フィールドモンスターへの攻撃を制限するもので、これは《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》と同様。
 攻撃力も同じ3000だが、ダイナレスラーをあまり採用しない通常の【恐竜族】ならばこちらの方が展開しやすい。

 (3)は相手モンスター1体を破壊する効果
 コストや条件・制約のないモンスター除去なので、堅実にアドバンテージを稼げ、扱いやすい。
 とはいえ、対象をとる破壊は昨今の環境では対策されやすいため、この効果だけを頼りにするよりは、自前の攻撃力や(1)の効果と併せた制圧手段の一つとして見るくらいがよいだろう。

 (4)は自分フィールドの他のカード破壊身代わりにできる効果
 身代わりとするカードには指定が無いため、適当な下級モンスタートークンコスト除去から身を守ることができる。
 《暗黒プテラ》身代わりにすればアドバンテージを失わず破壊を回避でき、《ベビケラサウルス》《プチラノドン》ならばそれらの効果トリガーにもできる。
 ステータスの貧弱なこれらのカードと並べても、自身の(2)の効果により戦闘破壊からは守ることができるため、相性はよい。
 また、モンスターだけではなく魔法・罠カード身代わりにすることもできる点も取り回しが利きやすく、意味もなくフィールドに残った《リビングデッドの呼び声》などは身代わりにうってつけだろう。
 《ジュラック・インパクト》と合わせることで、このカード以外の全体除去をして直接攻撃をすることも可能。

 総じて、高い攻撃力と単体で機能する効果を持ち、恐竜族では初となる汎用性の高いシンクロモンスターである。
 しかし、レベルシンクロモンスターは種類も豊富であり、全体除去が可能な《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》墓地リンクモンスターが必要だが高攻撃力と高い制圧力が狙える《ヴァレルロード・S・ドラゴン》等も存在する。
 このカードは(4)の効果によりそれらの天敵となる《幽鬼うさぎ》に対して強いというのが特長となる。
 種族サポートが活かせる点も考慮し、【恐竜族】で状況に応じてこれらと使い分けていくのが望ましいだろう。

  • 名前だけで言えば、より近いものとして「ギガントスピノサウルス」というステゴサウルスの近縁の恐竜もいる。
    しかし、このカードの外見は、背びれなど明らかにスピノサウルスの方をモチーフにしている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ダイナレスラー・ギガ・スピノサバット》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 地属性 恐竜族 攻3000 守0 ダイナレスラー

広告