《ダイナレスラー・システゴ/Dinowrestler Systegosaur》

効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1900/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ダイナレスラー」モンスター1体または「ワールド・ダイナ・レスリング」1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、
相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
「ダイナレスラー・システゴ」以外の自分の墓地の「ダイナレスラー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 SOUL FUSIONで登場した地属性恐竜族下級モンスター
 特殊召喚に成功した場合にダイナレスラー《ワールド・ダイナ・レスリング》サーチする誘発効果、自身が墓地へ送られたエンドフェイズダイナレスラー蘇生できる誘発効果を持つ。

 (1)はダイナレスラー《ワールド・ダイナ・レスリング》サーチする効果
 特殊召喚するだけで良く、レベル4の恐竜族であるため《ベビケラサウルス》《召喚僧サモンプリースト》などの効果デッキから特殊召喚できる。
 また、このカード手札に加えられる《ワールド・ダイナ・レスリング》墓地発動する効果もあるため《召喚僧サモンプリースト》手札コストとしてはうってつけである。
 《ワールド・ダイナ・レスリング》の(3)の効果によるリクルートもいいだろう。
 手札に来てしまった場合の特殊召喚手段に乏しいため、複数枚採用するかデッキ戻す手段も併用したい。
 《おろかな副葬》などで《ワールド・ダイナ・レスリング》墓地へ送れば、召喚権を温存したままこのカード特殊召喚してこの効果発動できる。
 サーチしたのがレベル4のダイナレスラーなら、そのまま召喚して《エヴォルカイザー・ラギア》エクシーズ召喚も狙える。
 また、《ワールド・ダイナ・レスリング》とは互いにサーチリクルートしあえる。

 (2)はダイナレスラー蘇生する効果
 自身を含むダイナレスラーリンク召喚を行えばモンスターの数が減りやすく発動を狙いやすい。
 《ダイナレスラー・カポエラプトル》守備表示特殊召喚すればすぐに次のスタンバイフェイズになり、あちらの効果で展開できる。

 双方の効果《生存境界》とも相性が良く、リクルートされた場合にサーチ効果を使いつつ、破壊されることで(2)の効果も使える。

 単体でもレベル4で1900の攻撃力を持つアタッカーとして使え、除去を喰らっても(2)の効果でリカバリーが可能と使い勝手の良いダイナレスラーである。

  • 名前の由来は「システマ」+「ステゴサウルス」だろう。
    システマとは、ロシアの軍隊格闘術の一つである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ダイナレスラー・システゴ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 恐竜族 攻1900 守0 ダイナレスラー

広告