《ダイナレスラー・バーリオニクス》

効果モンスター
星3/地属性/恐竜族/攻1600/守   0
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドにリンク3以上の「ダイナレスラー」モンスターが存在する限り、
自分フィールドの表側表示モンスターはリンク3以下の相手モンスターが発動した効果を受けない。

 CHAOS IMPACTで登場した地属性恐竜族下級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果リンク3以上のダイナレスラーが存在する場合に自分モンスター耐性を与える永続効果を持つ。

 (1)は《サイバー・ドラゴン》と同じ特殊召喚効果
 同じレベルにも同様の効果を持つモンスターが存在するので自分デッキにあったカードを選びたい。
 このカード《化石調査》サーチできるというメリットが存在する。
 《ダイナレスラー・コエロフィシラット》はより緩い条件で特殊召喚できるが、デュエル中1度という制限があるため、【ダイナレスラー】であれば双方を併用しても良いだろう。

 (2)はリンク3以上のダイナレスラーが存在する場合に相手リンク3以下の発動した効果を受けなくする効果
 現状リンク3以上は《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》のみであるが、あちらが攻撃対象を制限してくれるので低ステータスのこのカードが棒立ちになっても問題はない。
 効果自分モンスター全体に及ぶのでこのカード《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》の両方を守ることができる。

 ただ、リンク4以上の効果には無力。
 リンクモンスター以外を主軸にされている場合にも弱く、エクシーズモンスターなどで除去されてしまう他、《BF−疾風のゲイル》などの下級モンスターでも倒されてしまう。

  • 名前の由来は、白亜紀前期のイギリスに生息していた「バリオニクス」+格闘技における最小限のルール以外何でもありで行われる形式「バーリトゥード」か。
    バリオニクスは全長9mを超える大型の獣脚類だが魚食性とされるスピノサウルス科の恐竜であり、こちらも魚を獲るのに適した爪や歯を持っていた。
    ただ、それなりに大型の植物食恐竜である「イグアノドン」を襲っていた事も化石から判明しており、魚食一辺倒ではなかった様である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ダイナレスラー・バーリオニクス》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 恐竜族 攻1600 守0 ダイナレスラー

広告