《ダイプレクサ・キマイラ/Diplexer Chimera》

融合・効果モンスター
星5/光属性/サイバース族/攻2000/守 800
サイバース族モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
このターンのバトルフェイズ中にお互いは魔法・罠カードの効果を発動できない。
(2):融合召喚したこのカードが墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地の、サイバース族モンスター1体と「サイバネット・フュージョン」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 SOUL FUSIONで登場した光属性サイバース族融合モンスター
 フィールドサイバース族コストバトルフェイズ中に魔法・罠カード発動を制限する起動効果融合召喚した状態で墓地へ送られた場合にサイバース族《サイバネット・フュージョン》サルベージする誘発効果を持つ。

 サイバース族2体を融合素材とする融合モンスターである。
 融合素材が非常に緩く、サイバース族トークンを含め大量展開に長けているので、融合召喚の手段さえ用意すれば簡単に融合召喚できる。
 融合召喚の手段としては、自身の(2)の効果にも必要な《サイバネット・フュージョン》や、サポートカードの豊富な《融合》が候補になる。
 また、《セキュア・ガードナー》等のサイバース族リンクモンスター融合素材にして《超越融合》を使い、リンク先を残すという手も考えられる。
 《簡易融合》にも対応しているのも大きな利点であり、フィールドサイバース族モンスターがいない状態でも召喚権を使用せずに出せるモンスターとしても有用である。

 (1)はバトルフェイズ中の魔法・罠カードを封じる効果
 コストとしてサイバース族リリースする必要があり、融合召喚後は消費が大きく発動できない場合もある。
 バトルフェイズ中というのも中途半端であり、特殊召喚へのカウンターなどにも対応できない。
 また、自身の発動も封じられるためコンバットトリックができなくなる。
 発動に成功すれば自身以外のモンスターや自身が存在しなくても適用されるため、詰めの一手に使用しておきたい。
 封じられるのは魔法・罠カードのみのため、戦闘破壊戦闘ダメージトリガーとするモンスター効果とは相性がいい。
 また、相互リンク《リンク・ディヴォーティー》リリースすることであちらの効果発動できる。

 (2)は墓地へ送られた場合のサルベージ効果
 融合召喚をする必要があるが、《簡易融合》なら条件を満たせる。
 さらに自身を(1)の効果リリースできるため為、発動はしやすい。
 エクストラモンスターゾーンに自身のみなら、エクストラモンスターゾーンが空くため、《サイバネット・フュージョン》融合素材墓地リンクモンスター1体を使える。
 その後、サルベージしたカード《サイバース・クロック・ドラゴン》《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》につなぐ事で大ダメージを狙える。
 《サイバネット・フュージョン》から直接手札融合を行っても、墓地に送られてサルベージをした場合は手札エクストラデッキの1枚を消費した形で済む。

 単純なコストや素材として使えつつ、(1)の効果、(2)の効果による補助も期待できるなど、サイバース族融合モンスターを主軸にする場合、繋ぎとして採用できる余地がある。

  • 「ダイプレクサ(diplexer)」とは、受信と送信で異なる周波数を用いる無線機のアンテナを共有する部品のこと。
    異なる信号を統一したり、1つの信号を2種類に分離する等ができる。
    複数の信号束ね、その後は異なる信号に分かれる、とダイプレクサの特徴も表現したような効果となっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ダイプレクサ・キマイラ》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星5 光属性 サイバース族 攻2000 守800

広告