《ダブルバイト・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1500
【リンクマーカー:上/下】
リンクモンスター2体
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした
モンスターのリンクマーカーの合計×300アップする。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
リンクモンスター以外のモンスターの効果を受けず、
リンクモンスター以外のモンスターとの戦闘で破壊されない。

 LINK VRAINS BOXで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク素材としたモンスターリンクマーカーの数だけ自己強化する永続効果リンクモンスター以外のモンスター効果を受けず戦闘破壊されない永続効果を持つ。

 (1)は自己強化効果
 最低でもリンク1のモンスター2体で攻撃力2100となる。
 より高リンクモンスターを使えばさらに攻撃力を上げる事もできるが、その場合は元のリンクモンスターの方がそもそも攻撃力が高い場合が多い。
 しかしながら、このカードの最終攻撃力である「リンク素材リンクマーカーの合計×300+1500」がリンク素材として使用したリンクモンスター2体の攻撃力の合計に勝る場合も存在する。
 使用する際は組み合わせをチェックしておくといいだろう。

 リンクモンスター効果を使い終えてから、(2)の耐性を目的にこのカードリンク召喚するという手もある。

 (2)はリンクモンスター以外のモンスター効果を受けず、リンクモンスター以外には戦闘破壊されない耐性
 ただ、除去能力を持つリンクモンスターも多く、安心はできない。
 リンクモンスターを多用しないデッキ相手であっても、魔法・罠カードによる除去には無力なので過信は禁物。

 このカードを使うなら、リンクモンスター以外で厄介な効果を持つモンスターの処理が主体となるか。
 このカードの処理にリンクモンスターを使わせやすいため、そこを《強制脱出装置》などで狙うのもいい。

  • コンピュータ用語にはマルチバイト文字の一種として「ダブルバイト文字(2byte文字)」というものが存在する。
    コンピュータにおいて文字は1文字ごとに文字コードと呼ばれる数値を割り当てて表現されているのだが、ASCIIコードなどは1byteに収まりきらない文字が存在する。
    そういった文字を管理するために、複数のbyteを使用して管理するマルチバイト文字が生まれた。
    ただし、マルチバイト文字の割り当て形式は統一されておらず、異なる文字コード間で変換を行わないと文字化けが発生する。
  • 東洋の竜のようなデザインだが、その胴の両端が頭部となっている。
    このことから、カード名の「ダブルバイト」には「バイト(bite:英語で「噛みつく」)」もかかっているのだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ダブルバイト・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 サイバース族 攻1500

広告