《ダブルヒーローアタック》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「E・HERO ネオス」を融合素材とする融合モンスターが存在する場合、
自分の墓地の「HERO」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。

 20th ANNIVERSARY DUELIST BOXで登場する速攻魔法
 《E・HERO ネオス》融合素材に指定する融合モンスターがいる時にHERO融合モンスター召喚条件を無視し蘇生する効果を持つ。

 発動条件があるものの、速攻魔法であるため即効性・応用性は高い。
 HERO融合モンスター融合召喚チェンジ以外での特殊召喚制限が多く蘇生が組み込みづらい傾向のため、それを無視できる意義は大きい。
 攻撃的に使うなら、攻撃が通ると確信したバトルフェイズ中に追撃をかければ大きく切り込める。
 逆に防御面では、《E・HERO アブソルートZero》全体除去チェーンした蘇生で巻き込むことで、狙いを崩すことが可能。
 《M・HERO ダーク・ロウ》のように相手の行動に大きく干渉するものは、特に相性が良い。

 ただ、課題となるのはその発動条件
 墓地蘇生制限を満たした融合モンスターHEROフィールド《E・HERO ネオス》融合素材に指定する融合モンスターが1体以上必要なため、単純に考えても2回融合召喚している必要がある。
 加えて、フィールドの方は《E・HERO ネオス》融合素材に限定するため、選択肢もまた限られてくる。

 【コンタクト融合】の場合は、発動条件となる融合モンスターが主軸にはなるが、相性としては少々難点がある。
 コンタクト融合融合召喚E・HEROと異なり蘇生が可能なことに加え、共通デメリットから墓地ではなくエクストラデッキに戻ることも多いためである。
 また、《E・HERO ネオス》融合素材とする中で特に有力な1体である《レインボー・ネオス》HEROではないため蘇生できない。

 そのため、【正規融合】主体の【E・HERO】に使用すると良いだろう。
 《E・HERO ブレイヴ・ネオス》および《E・HERO ネオス・ナイト》であれば《沼地の魔神王》の代用で融合召喚ができるため、無理に《E・HERO ネオス》を使わなくて済む。
 特に《E・HERO ブレイヴ・ネオス》はこのカードサーチできる点からもシナジーが強い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ダブルヒーローアタック》 魔法 速攻魔法

広告