《ダメージ・トランスレーション/Damage Translation》

通常罠
このターン自分が受ける効果ダメージは半分になる。
このターンのエンドフェイズ時、受けた効果ダメージの回数と
同じ数だけ自分フィールド上に「ゴースト・トークン」
(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を守備表示で特殊召喚する。

 ANCIENT PROPHECYで登場した通常罠
 効果ダメージを半減させ、受けた効果ダメージの回数分ゴースト・トークン特殊召喚する。

 カードの効果適用する条件は効果ダメージだが、相手がそれに頼らないデッキを使用すれば死に札となる。
 よって、自分カードによる効果ダメージが多くなるデッキで使うことになる。
 相手ターンダメージを受ける《X−セイバー パシウル》を用いたり、《念動収集機》相手ターン発動したりすれば、返しのターンゴースト・トークンによるアドバンス召喚シンクロ召喚を狙える。
 《Emトリック・クラウン》《BF−精鋭のゼピュロス》などを使う場合でチューナーも併用するのであればゴースト・トークンを活用する機会もあるか。

  • カード名の「トランスレーション(Translation)」の動詞形である「Translate」には「変換する」という意味がある。
    この場合は「減らした分のダメージをトークンに変換する」といった意味合いであろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上にモンスターがいない時、6回以上効果ダメージを受けた場合は特殊召喚が出来ませんか?
A:《ダメージ・トランスレーション》を発動したターンに、6回効果によるダメージを受けた場合、ゴースト・トークン特殊召喚する事はできません。(09/04/19)

Q:カードの発動を行うタイミングは自由ですか?
A:ダメージステップ中やスペルスピードといったルールに反しない限り、自由です。(09/06/28)

Q:ゴースト・トークン特殊召喚する効果はチェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(09/05/28)
  なおダメージ半減処理はチェーンブロックを作りません。(09/06/28)

Q:カードの発動を行う前に受けた効果ダメージも回数に含みますか?
A:含みます。(09/06/28)

Q:1ターンにこのカードを2枚発動しました。
  1000ポイントの効果ダメージが発生した場合、そのターンエンドフェイズ時にどうなりますか?
A:受けるダメージは500ポイントになり、エンドフェイズゴースト・トークンを2体特殊召喚します。(10/07/29)


Tag: 《ダメージ・トランスレーション》 通常罠

広告