《チェーン・ヒーリング/Chain Healing》

通常罠
自分は500ライフポイント回復する。
このカードがチェーン2またはチェーン3で発動した場合、
このカードをデッキに加えてシャッフルする。
このカードがチェーン4以降に発動した場合、
このカードを手札に戻す。

 CYBERDARK IMPACTで登場した通常罠
 チェーンカードの1枚であり、ライフ回復を行う。
 チェーン2・3、チェーン4以降に発動した場合にデッキ手札戻す処理が発生する。

 基本的な性能は《チェーン・ブラスト》と同じであり、扱い方はあちらを参照。

 だが、ライフ回復の数値は《チェーン・ブラスト》と同じで、再利用ができると言ってもかなり物足りない。
 【チェーンバーン】でも他の延命カード《非常食》を用いた方が生存率は高くなるため、扱い辛い。

 よって、このカードは何度も使いまわせるライフ回復として活用する事になる。
 例として【アロマ】では相手ターンでも回復したいデッキであり、回復に割くデッキスロットが重要となるデッキである。
 このカードデッキに戻るため再利用がしやすく、チェーンが組みやすいので手札戻す効果も狙える。
 同様に《ビッグバンガール》中心のデッキトリガーとする場合にも使える。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:チェーン2で発動した場合、デッキに戻るのはどのタイミングですか?
A:このカードの効果解決後チェーン1の処理に入る前です。
  そのため、チェーン1の効果がこのカード破壊するものであってもこのカードデッキに戻ります。

Q:チェーン2で発動したところ、チェーン3で相手はこのカードに対し《砂塵の大竜巻》発動しました。
  このカードデッキに戻りますか?
A:いいえ、戻りません。
  このカードの処理に入る前にこのカード破壊された場合、戻る効果は発揮されません。


Tag: 《チェーン・ヒーリング》 通常罠

広告