《チェックサム・ドラゴン/Checksum Dragon》

効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻 400/守2400
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このカードの守備力の半分だけ自分のLPを回復する。
(2):攻撃表示のこのカードは戦闘では破壊されない。

 ストラクチャーデッキ−リボルバー−で登場した闇属性ドラゴン族上級モンスター
 相手モンスター攻撃宣言時に手札から特殊召喚し、その後このカード守備力ライフ回復を行う誘発効果攻撃表示で存在する限り戦闘破壊されない永続効果を持つ。

 (1)は特殊召喚ライフ回復効果
 条件は緩く、攻撃力2400以下の攻撃ならば封じることができる。
 ライフ回復も基本値が1200なので【終焉のカウントダウン】のようなライフポイントが必要なデッキでは防御手段として検討できる。
 また、特殊召喚回復が同時ではないため、《激流葬》等はタイミングを逃し回避することが可能。
 しかし、攻撃力が2400を超えるモンスターも少なくないので突破される可能性は高く、《速攻のかかし》《バトルフェーダー》等の方が有効な事も多い。
 どのような状況の防御を想定しているかを考えて選択したい。
 なお、《聖域の歌声》などで守備力が上がっている場合は回復量も増える。
 攻撃宣言であればよく、他のモンスターが存在しても特殊召喚できる。

 (2)は攻撃表示の際の戦闘破壊耐性
 攻撃力2400を超える相手モンスターがいて、次のターンまでモンスターを残したい時には役立つ。
 しかし、(1)の回復を考慮しても最低800の戦闘ダメージを受け、さらに後続がいればそこからサンドバッグにされる恐れもある。
 そこまでして耐えてもメインフェイズ2で効果破壊される可能性があるため、「一応有っても困らない」程度に考えて置いたほうが良いだろう。

  • チェックサムとはデータの破損や改ざんを調べる手法の一つ。
    バイト列で表現されたデータを数字と見なして、それらの総和が等しいかを見てデータが正しいかを調べる。
    処理が単純なため簡単な検査には使えるものの、改ざんが容易である。
  • アニメ版の効果は以下の通り。
    このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
    (1):自分が戦闘ダメージを受けたターン、相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
    このカードを手札から攻撃表示で特殊召喚し、このカードの守備力の半分だけ自分のLPを回復する。
    この効果で特殊召喚したこのカードは、このターン戦闘では破壊されない。
     OCG化に伴い、前半の効果ダメージを受ける前に発動できるようになり、表示形式も自由になった。
     戦闘破壊耐性の方は、一時的なものから永続効果となったが、攻撃表示限定となっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《チェックサム・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 ドラゴン族 攻400 守2400

広告