《チューンド・マジシャン/Tuned Magician》

デュアルモンスター
星4/風属性/魔法使い族/攻1800/守1600
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードをチューナーとして扱う。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した風属性魔法使い族下級モンスター
 デュアル共通のルール効果を持ち、再度召喚する事でチューナーとして扱えるようになる永続効果を得る。

 レベル4の魔法使い族チューナーには、既に《フレムベル・マジカル》が存在している。
 このカードを使用するなら、デュアルモンスターであることや、高攻撃力を活かしたい。
 再度召喚の手間はシンクロ素材を揃える妨げになるが、特殊召喚を多用するデッキであれば場合に応じてチューナーとしてもチューナー以外の素材としても使用できる。
 【ブラック・マジシャン】に投入し、通常モンスターサポートカードを共有するのもいいだろう。
 《スーペルヴィス》を装備した《炎妖蝶ウィルプス》からこのカード蘇生し、《スーペルヴィス》通常モンスター蘇生させれば即座にシンクロ召喚が可能な状況を作れる。
 ディスアドバンテージは少し増えるが、《フォース・リリース》再度召喚扱いにするのも悪くない。
 この場合、《フォース・リリース》が実質《ナチュラル・チューン》となり、シンクロ素材にすることでその後のデメリットも全く関係なくなる。

関連カード

―類似効果を持つカード

収録パック等

FAQ

Q:《スキルドレイン》適用中の場合、チューナーとして扱いますか?
A:いいえ、チューナーとして扱う効果無効化されるため、チューナーとして扱いません。(09/07/24)

Q:このカードを対象に《N・ブラック・パンサー》効果を発動しました。
  《N・ブラック・パンサー》再度召喚したとき、チューナーとして扱いますか?
A:はい、扱います。(09/07/24)

Q:《冥界の魔王 ハ・デス》戦闘破壊されたこのカード《ファントム・オブ・カオス》効果除外しました。
  このとき、《ファントム・オブ・カオス》チューナーとして扱いますか?
A:効果を得た後に再度召喚することによって、チューナーとして扱います。(09/08/30)

Q:《冥界の魔王 ハ・デス》戦闘破壊されたこのカード《イージーチューニング》効果除外できますか?
A:いいえ、墓地ではチューナーとして扱わないので、除外できません。(09/07/24)

広告