《ツーヘッド・シャーク/Double Shark》

効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1200/守1600
このカードが召喚に成功した時、
自分フィールド上の全ての魚族・レベル4モンスターの
レベルを1つ下げる事ができる。
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

 COSMO BLAZERで登場した水属性魚族下級モンスター
 召喚に成功した時に魚族モンスターレベルを下げる誘発効果と、2回攻撃永続効果を持つ。

 レベル変動効果は自身を含む魚族レベル4のモンスター全てに適用され、ランク3の《虚空海竜リヴァイエール》等のエクシーズ召喚を狙える。
 《竜宮の白タウナギ》と併せれば《氷結界の虎王ドゥローレン》シンクロ召喚も狙える。
 しかし魚族には水属性が多く、レベル4をレベル3にするだけならば《伝説の都 アトランティス》でも十分対応でき、ランク3のエクシーズ召喚なら《ハンマー・シャーク》でも狙える。
 一応、《伝説の都 アトランティス》とこのカードを併用すればランク2のエクシーズ召喚も可能ではある。

 効果の主な利点はレベル魚族と並べた際に2つのランクからエクシーズモンスターを使い分けられる点という事になる。
 レベル魚族を並べる手段としては、《超古深海王シーラカンス》がいるものの、初めからレベル3を展開してしまえばランク3を狙えてしまう。
 その他の展開手段としては《エクシーズ・リモーラ》がおり、このカード同様魚族レベル4を指定するため、《エクシーズ・リモーラ》からランク3に切り替える場合には有効か。
 その他、《簡易融合》《レア・フィッシュ》を出す場合や、《予想GUY》《レインボー・フィッシュ》を出した後に召喚すればランク3・4の使い分けが効く。

 【水精鱗】ではレベル4の水精鱗のみ効果適用できる為、《水精鱗−アビストリーテ》エクシーズ召喚の補助ができる。
 自身以外に魚族レベル4がいない状況でも効果発動できるため、「召喚時に自身をレベル3にできる効果」と考え、《シャーク・サッカー》とのランクエクシーズ召喚を狙うのもよい。

 もう一方の効果である2回攻撃は悪くない効果であるが、《不意打ち又佐》攻撃力で劣るため、採用の際は種族属性等による差別化を余儀なくされる。
 《アクア・ジェット》とは一応相性が良く、《ニードル・ギルマン》全体強化としては悪くはない。
 先のレベル変動効果の存在から、《レベル制限B地区》とはエクシーズ召喚が選択肢に入る点も含めて相性は良いのだが、この場合はエクシーズ召喚そのものや《伝説の都 アトランティス》の存在も考慮する必要がある。
 水属性にはレベル3以下を要求するものがいくらかあるが恒久的に利用を考えるならば、サーチャーの存在からもあちらのほうが安定性が高い。
 こちらは《フィッシャーチャージ》に対応する利点を活かしたい。

 なお同じ2回攻撃能力を持ち、《伝説の都 アトランティス》を利用する事で実質的にレベル3となる《マーメイド・ナイト》が存在する。
 あちらよりも必要枚数の少なさで勝るが、その分戦闘破壊できる範囲も狭まる。
 ステータスの偏ったデッキ相手ならば《ハイドロプレッシャーカノン》《海竜神の加護》を駆使する事でそれなりに活躍できるかもしれないが、結局のところ安定性はあまり変わらない。
 《伝説の都 アトランティス》《マーメイド・ナイト》と併用してサポートカード腐る確率を減らすといった目的で採用するのも手か。

  • モデルはクリストファー・レイ監督の映画『ダブルヘッド・ジョーズ(2-HEADED SHARK ATTACK)』だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ツーヘッド・シャーク》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 魚族 攻1200 守1600

広告