《ツイン・トライアングル・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻1200
【リンクマーカー:右/下】
トークン以外のレベル4以下のドラゴン族モンスター2体
(1):このカードがリンク召喚に成功した時、500LPを払い、
自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターン攻撃できない。

 CIRCUIT BREAKで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した時、レベル5以上のモンスター蘇生させる誘発効果を持つ。

 リンク素材トークン以外の下級ドラゴン族縛りがある。
 同属性・同種族で固める場合は《ゲートウェイ・ドラゴン》ヴァレット及びそのサポートカードを中心にデッキを組めば自ずと出しやすい。
 それ以外では、《デブリ・ドラゴン》《ドラゴラド》などの蘇生効果《レスキューラビット》によるリクルート効果を使えば消費を抑えて出せる。
 《暗黒竜 コラプサーペント》《輝白竜 ワイバースター》リンク素材とした後にサーチ効果を使えるため無駄がない。
 ただ、リンク素材下級を要求するにも関わらず、蘇生対象上級以上に限られているのが欠点。
 下級上級がバランス良く混ざりつつ、尚且つ上級を先に墓地へ送れるようなデッキ構築が求められる。
 リンク素材と違って蘇生対象種族の制限は無いので、汎用性が高い上級モンスターを採用しておくのも良いだろう。
 《やりすぎた埋葬》上級モンスター墓地へ送ると共にリンク素材となるモンスター蘇生できるため相性が良い。

 《竜の霊廟》であれば《デブリ・ドラゴン》などで蘇生させたいモンスターとこのカード蘇生させたい上級モンスターを一度に用意できる。
 レベル5以上のドラゴン族通常モンスターの選択肢も多く、《ラブラドライドラゴン》ならシンクロ召喚につなげることも可能。
 《竜の霊廟》レベル5以上のドラゴン族デュアルモンスター墓地へ落とし、このカード蘇生させるのも有力。
 デュアルモンスター墓地では通常モンスターとなるため、《竜の霊廟》で追加で墓地へ送る条件を満たせ、このカード蘇生させた場合は効果無効になり効果モンスターとなるため、《ヴァレルロード・ドラゴン》などの縛りをクリアできる。
 《覇王眷竜ダークヴルム》墓地へ送ることで自己再生リンク素材に使用でき、特殊召喚時に覇王門サーチして上記の《やりすぎた埋葬》などのコストにすれば蘇生対象も確保できる。

 【バスター・ブレイダー】とは相性が良く、《デブリ・ドラゴン》《破壊剣士の伴竜》《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》蘇生させればリンク召喚可能。
 リンク召喚時に《バスター・ブレイダー》蘇生でき、その後《破壊剣士の伴竜》自己再生させれば《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》に繋がる。
 このカードドラゴン族であるため、《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》融合素材にもなる。

 ライフコストがかなりかかるため相当強引ではあるが、《亡龍の戦慄−デストルドー》レベル3または4のドラゴン族対象発動することでもリンク素材を揃えることができる。
 しかし、自身の効果特殊召喚した《亡龍の戦慄−デストルドー》フィールド離れるデッキボトムに行くため蘇生効果を使うためには別の上級モンスター墓地に用意する必要がある。

 ドラゴン族下級モンスター対象《聖刻龍−アセトドラゴン》レベル変更効果を使えば、リンク素材を揃えると同時に蘇生効果対象を得ることができる。
 聖刻モンスターリリースされた時の効果墓地発動するため、このカードによって無効化されないのも利点である。

 リンクマーカーは左右非対称であり、メインモンスターゾーンエクストラモンスターゾーンどちらに出してもリンク先は一つしか増えない。
 逆に言えばリンクマーカーは少ないが、メインモンスターゾーンエクストラモンスターゾーンのどちらに出してもリンク先があるという見方もできる。
 自身の攻撃力も低く、蘇生したモンスター効果無効になり攻撃もできないので、蘇生したモンスターとでリンク素材に使うのが基本となるだろう。

  • 名に違わずというべきか、右腕と左腕それぞれに三角形の構造が見られる。
    2つというのは、このモンスターリンクマーカーの数を示しているのだろうか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ツイン・トライアングル・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 ドラゴン族 攻1200

広告