《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/悪魔族/攻   0
【リンクマーカー:上/左下/右下】
「ティンダングル」モンスター3体
(1):自分の墓地に「ティンダングル・ベース・ガードナー」を含む「ティンダングル」モンスターが3種類以上存在する場合、
このカードの攻撃力は3000アップする。
(2):このカードの攻撃力は、
このカードのリンク先の「ティンダングル」モンスターの数×500アップする。
(3):このカードが攻撃宣言したバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分フィールドに「ティンダングルトークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 EXTREME FORCEで登場した闇属性悪魔族リンクモンスター
 特定の条件下で自己強化を行う2つの永続効果ティンダングルトークン特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)は墓地《ティンダングル・ベース・ガードナー》を含むティンダングルモンスターが3種類以上存在する場合の自己強化
 単体では攻撃力0だが、この効果により攻撃力3000にまで強化される。
 若干厳しい条件ではあるが、リンク召喚する際や《ティンダングル・ドロネー》を使って特殊召喚する際に自然と満たせることが多い。
 その条件から墓地除外が弱点となるので、使う場合は対策も講じておきたい。

 (2)はリンク先のティンダングルモンスターの数だけ自己強化する効果
 (1)効果と合わせて最大攻撃力4500となるが、送りつけなどをしない限り攻撃力4000が限界と考えていい。
 送りつけも狙う場合はティンダングルトークン《オイラーサーキット》で渡すのが良いだろう。

 (3)はこのカード攻撃後にティンダングルトークン特殊召喚する効果
 このカードリンク先に出すことで(2)の自己強化を補助できる。
 ステータスは低いが、ティンダングルなので《ナーゲルの守護天》を使えば維持しやすい。
 《オイラーサーキット》送りつけと併せてもいい。

  • 英単語「Acute」にはいくつか意味があるが、その中の一つに「鋭角の」がある。
    ティンダロスの猟犬が鋭角から現れる事にちなんでいるのだろう。
  • ケルベロスについては《フレイム・ケルベロス》を参照。
    ただ、このモンスターのデザインは犬とは似つかない異形のものとなっている。
    モチーフの1つとなっているティンダロスの猟犬は獲物を追う性質から「猟犬」と呼ばれているだけであり、実際には犬とは全く異なる存在であるため、そういった点ではモチーフに忠実とも言える。

関連カード

―《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク3 闇属性 悪魔族 攻0 ティンダングル

広告