《テイ・キューピット》

効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻1000/守 600
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのレベル以下のレベルを持つモンスター以外の全てのモンスターが発動した効果を受けない。
(2):自分の墓地のカードを3枚まで除外して発動できる。
ターン終了時まで、このカードのレベルを、除外した数だけ上げる。

 IGNITION ASSAULTで登場した光属性天使族下級モンスター
 自身のレベル以下のモンスター以外が発動した効果を受けない永続効果墓地コストレベルを上げる起動効果を持つ。

 (1)はモンスター効果への耐性
 自身のレベル以下のモンスター発動した効果のみを受け、レベルを持たないエクシーズモンスターリンクモンスター効果も受け付けない。
 元々のレベルが低いこともあり、ほとんどの発動した効果に対して強い。
 ただ、このステータスでは容易に戦闘破壊される数値であり、魔法・罠カードにも無力。
 展開の際に妨害されにくくなる程度の認識でいいだろう。
 《エフェクト・ヴェーラー》レベル1なので無効化を受けてしまい、このカードレベルを下げても回避できない。

 (2)は墓地コストによるレベル上昇効果
 カードの種類は問わないので、再利用しづらい魔法・罠カード除外しておくといい。
 シンクロ召喚エクシーズ召喚レベル調整に使え、特に《セイクリッド・プレアデス》エクシーズ素材となれるのは強みとなる。
 ただ、(1)の効果の範囲を狭めてしまうので、効果処理時に妨害を受ける可能性がある点は留意しておきたい。
 また、墓地カードカードの種類を問わずに3枚まで除外できるため、《カオス・グリード》《次元の歪み》発動条件を狙う事もできる。

  • 効果外テキストは、「1ターンに1度しか使用できない。」や「1ターンに1枚しか発動できない。」でもなく「1ターンに1度しかできない。」という記述である。
    同パックの他のカードは従来通りの「1ターンに1度しか使用できない」とあるので、形式が変わったわけでもなく、カードテキスト量からしても簡略化したとは考えにくい。
    恐らくは脱字によるミスであろう。
    • 誤植として公式発表はされてないものの、公式FAQに問い合わせると『「1ターンに1度しか使用できない。」と読み替えて使用する。』と回答される。
  • キューピットについては《ハイ・キューピット》を参照。
    こちらは「庭球(ていきゅう:テニス)」をモチーフとしている。
    • 他のキューピットのネーミングを考慮すると「低級」ともかかっていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《テイ・キューピット》 効果モンスター モンスター 星2 光属性 天使族 攻1000 守600

広告