《テスタメント・パラディオン》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このターン、自分の「パラディオン」モンスターの効果の発動に対して
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●自分の「パラディオン」リンクモンスターが
戦闘で相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動できる。
その自分のモンスターのリンクマーカーの数だけ自分はデッキからドローする。

 DARK NEOSTORMで登場した速攻魔法
 「パラディオンモンスター効果の発動に対するカウンター行為の封殺」か「パラディオンリンクモンスター戦闘破壊トリガーとしたドロー」のいずれか1つを選択できる効果を持つ。

 1つ目の効果パラディオンモンスター効果の発動に対するカウンター行為の封殺。
 手札誘発罠カードによる妨害を受けずに効果の発動が可能になるので安心して行動できるようになる。
 ただし、直接アドバンテージを得られるわけでもなく、当然パラディオンモンスター以外の行動には干渉されるため過信はできない。

 2つ目の効果パラディオンリンクモンスター戦闘破壊トリガーとしたドロー
 中でもリンク4の《双穹の騎士アストラム》とは相性が良く、攻撃力3000に加えあちらの(2)の効果により高確率で戦闘破壊が成立するため、4枚ものドローが見込める。
 他のパラディオンリンクモンスターはいずれも元々の攻撃力は低めなので、リンク先になるべく高打点のモンスターを置いて攻撃力を上げておきたい。

  • 1つ目の効果はあくまでも「発動できなくなる」効果であり、既に発動してしまっている効果にはチェーンしても干渉できない。
    ゆえに、ある程度先読みして事前にこの効果発動しておく必要がある
  • 「テスタメント(testament)」は英語で「神聖な契約」、あるいはそこから転じて「聖書」を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《テスタメント・パラディオン》 魔法 速攻魔法 パラディオン

広告