《テュアラティン/Tualatin》

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2500
相手のバトルフェイズ時に発動する事ができる。
バトルフェイズ開始時に自分フィールド上にモンスターが2体以上存在し、
それらのモンスターが1度のバトルフェイズ中に
戦闘によって全て破壊され墓地へ送られた時、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚に成功した時、属性を1つ宣言し、
フィールド上に表側表示で存在する宣言した属性のモンスターを全て破壊する。
その後、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は宣言された属性のモンスターを召喚・特殊召喚する事ができない。

 ジャンプヒーローズ 付属カードで登場した光属性天使族最上級モンスター
 特定の条件を満たしたバトルフェイズ手札から特殊召喚できる誘発効果、この効果特殊召喚に成功した時に宣言した属性モンスターを全て破壊する誘発効果、その後宣言した属性モンスター召喚特殊召喚を封じる効果を持つ。

 このカード特殊召喚条件を満たすには、バトルフェイズ開始時に、自分フィールド上に2体以上のモンスターが存在し、それら全てが戦闘破壊され墓地へ送られる必要がある。
 墓地へ送られる必要がある関係から、トークンペンデュラムモンスター罠モンスター等が含まれてはいけないが、リンク素材にして墓地へ置けるリンクモンスターのみにしておけば良い。

 もっとも、2体以上のモンスターを失うことに変わりないため、効果を活かせる状況で使い、ディスアドバンテージを補いたいところ。

 この方法で特殊召喚に成功した場合は宣言した属性モンスター除去し、新たな召喚特殊召喚まで封じる。
 属性統一デッキでは痛烈に刺さる効果であり、完封することもあり得る。
 シンクロ召喚エクシーズ召喚の登場によってフィールドモンスター属性がばらけてしまうことは多くなったが、ステータスは十分に高いのでモンスターを残してしまってもある程度は対応できる。

 《DNA移植手術》効果とあわせて召喚をすべて封じるということはできない。
 これは、手札デッキ墓地除外ゾーンにある状態の「本来の属性」で召喚可能か不可能かを判断するためである。

 なお、上記の手順で特殊召喚しないと、モンスター効果は全く利用できない。
 属性種族から《ジェルエンデュオ》からのアドバンス召喚《神の居城−ヴァルハラ》での特殊召喚が可能ではあるが、このカードの場合は手札で腐らせないための補助程度の意義しかない。
 《素早いモモンガ》等の複数並べられるモンスターを利用し、確実に特殊召喚していきたい。

  • 「テュアラティン(Tualatin)」とは、0.13μmプロセスで製造されたペンティアムIII/-S/-M、およびペンティアムIIIベースのCeleronのコードネームである。
    なお、このカードが使用された遊戯王Rに登場するカードプロフェッサーの名は、CPUの開発時のコードネームからとられているとの説がある。(《督戦官コヴィントン》参照)
  • 作中では効果が有効なのは闇属性だけだったが、効果の使用条件に対する記述はない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールドモンスターが2体います。
  これらが戦闘破壊されたのですが、どのタイミングで《テュアラティン》をフィールド特殊召喚することができますか?
A:最後のモンスターダメージステップ中に戦闘破壊され墓地へ送られた時に効果発動特殊召喚できます。(12/04/13)

Q:自分フィールドモンスターが3体います。
  これらが戦闘で順に破壊されようとしています。
  どのタイミングで《テュアラティン》を特殊召喚できますか?
A:3体目が破壊されたときに特殊召喚できます。
  「バトルフェイズ開始時に居るモンスター全てが戦闘墓地に送られた時」なので、特殊召喚タイミングは最後の1体が破壊された後です。

Q:自分フィールド《混沌の黒魔術師》他2体が存在している場合、これらが全て戦闘破壊された時に《テュアラティン》を特殊召喚できますか?
A:戦闘破壊された後墓地に送られなかったモンスターが1体でもいた場合は、特殊召喚できません。
  ただし、《冥界の魔王 ハ・デス》戦闘破壊される等《混沌の黒魔術師》効果無効化されて戦闘により墓地に送られたならば特殊召喚可能です。

Q:《テュアラティン》の効果光属性宣言したとき、《テュアラティン》自身も破壊されるのですか?
A:はい、破壊されます。

Q:召喚封印効果適用中の《テュアラティン》がコントロール奪取された場合、自分がその属性召喚できなくなりますか?
A:はい、召喚することができなくなります。(10/05/07)

Q:神属性宣言できますか?
A:できます。(08/12/26)

Q:このカードの効果神属性モンスター召喚特殊召喚が封じられていて、《DNA移植手術》効果神属性宣言されています。
  神属性以外の属性モンスター召喚特殊召喚も封じることができますか?
A:いいえ、元々の属性神属性であるモンスターのみ召喚特殊召喚ができなくなります。(09/03/01)

Q:手札にこのカードが複数枚存在する時に自分フィールドモンスターが全て戦闘破壊された場合、複数枚特殊召喚できますか?
A:いいえ、1体のみとなります。(10/08/13)

Q:自分フィールドモンスターが2体います。
  手札にこのカード《トラゴエディア》が存在し、自分フィールドに存在する最後のモンスター戦闘破壊された時に戦闘ダメージを受けました。
  この場合、それぞれ1体ずつ特殊召喚できますか?
A:はい、それぞれ特殊召喚できます。(12/08/29)

Q:このカードの効果闇属性が指定されています。
  このとき、《浅すぎた墓穴》闇属性モンスター特殊召喚できますか?
A:この場合、《テュアラティン》のコントローラーから見た相手は、闇属性モンスター特殊召喚することはできません。(09/12/13)

Q:元々の持ち主相手モンスターを含む2体以上のモンスター自分フィールドに存在し、バトルフェイズ中にすべて戦闘破壊され墓地へ送られた場合、このカード特殊召喚できますか?
A:相手ターンバトルフェイズ開始時に自分フィールドに元々の持ち主相手であるモンスターが存在していても、それぞれが戦闘破壊され相手墓地へ送られたのであれば、自分はこのカード特殊召喚することができます。(17/12/14)

Q:自分フィールドの1体目のモンスター戦闘破壊される時に手札が0枚、もしくは《テュアラティン》以外のカードだと確定している場合、その後何らかの手段で(例えば攻撃宣言時に《貪欲な瓶》などで)手札に加わった《テュアラティン》は、特殊召喚の条件を満たせば自身の効果特殊召喚できますか?
A:《テュアラティン》がモンスター効果発動し自身を特殊召喚するのは、バトルフェイズスタートステップに2体以上のモンスターが存在し、その時点で存在したモンスター全てが戦闘によって破壊された時です。
  よって、バトルフェイズスタートステップに2体以上のモンスターが存在し、その時点で存在した最後のモンスター戦闘破壊されて墓地へ送られる前に手札に存在しているのであれば、特殊召喚する効果発動できます。 (19/03/09)

Q:相手バトルフェイズスタートステップ開始時に自分フィールドモンスターが1体しか存在しません。
  その後スタートステップ中に《ライバル・アライバル》発動し2体のモンスタースタートステップ中に存在する場合その2体が全て破壊されれば《テュアラティン》の特殊召喚条件を満たしますか?
A:いいえ、その場合「バトルフェイズ開始時に自分フィールド上にモンスターが2体以上存在し」という条件が満たせないため特殊召喚できません。(19/08/15)


Tag: 《テュアラティン》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻2800 守2500

広告