《デーモン・イーター/Nefarious Archfiend Eater of Nefariousness》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1500/守 200
(1):「デーモン・イーター」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(3):相手エンドフェイズにこのカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、このカードを墓地から特殊召喚する。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した地属性獣族下級モンスター
 自分フィールドに1体しか存在できないルール効果、自身を特殊召喚する召喚ルール効果墓地から自己再生する誘発効果を持つ。

 (1)(2)と同じ効果を持つ《稲荷火》と同じ攻撃力守備力であり、《真炎の爆発》などに対応するあちらと比べ、地属性としての恩恵はやや薄い。
 自己特殊召喚効果を使う場合は、《マドルチェ・マジョレーヌ》《アステル・ドローン》といったエクシーズ召喚を狙う場合に相性の良い地属性魔法使い族を使用するのがいいだろう。
 《地霊使いアウス》との相性も良く、《憑依装着−アウス》特殊召喚はもちろん《堕落》によりコントロール奪取戦術を共有できる。
 攻撃力が1500のためリクルーター《巨大ネズミ》にも対応するが、《奈落の落とし穴》に引っかかる。

 (3)の効果自分モンスター破壊することで自己再生する効果
 同名カードは1体しか存在できず、カード・アドバンテージも変動しないが、破壊するモンスターを問わないため、利用できる機会は多い。

 《エネミーコントローラー》で奪ったモンスターエクシーズ素材を使い切ったエクシーズモンスターと入れ替えたり、破壊あるいは対象反応によるコンボを狙う事ができる。
 破壊特殊召喚は同時扱いであり、破壊トリガーとする効果タイミングを逃すことなく発動できる。
 タイミングは限定されるが、使い減りしにくい能動破壊カードとしての機能に期待できる。

  1. 《稲荷火》《ジゴバイト》破壊すれば自分スタンバイフェイズにはレベル4のモンスターを2体並べてエクシーズ召喚へ繋げられる。
  2. 《Emトリック・クラウン》エクシーズ素材であってもすぐに2体並べられるため、特に相性が良い。
  3. 融合モンスター《オルシャドール−セフィラルーツ》を除きシャドール全般は魔法使い族効果によって墓地へ送られた場合の効果も持っており非常に相性が良い。
  4. 《ネフティスの鳳凰神》《炎王神獣 ガルドニクス》破壊することで、全体除去効果を再度発動させることが可能。
  5. デーモンの名を持つので、《デーモンの騎兵》《トリック・デーモン》と組み合わせる事も考えられる。
  6. ヴァレット破壊すればエンドフェイズなので即座に次のヴァレットリクルートでき、《マグナヴァレット・ドラゴン》とならエクシーズ召喚が可能。

関連カード

イラスト関連

―《デーモン・イーター》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:(3)の効果破壊特殊召喚は同時扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いです。(14/04/19)

Q:破壊できなかった場合、特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できません。(14/04/19)

Q:上の質問のように特殊召喚できなかった場合、このターンにもう一度《デーモン・イーター》の効果を発動することができますか?
A:《デーモン・イーター》の(3)の誘発効果発動し、その処理時にモンスター破壊する事ができずに特殊召喚できなかったとしても、その同一エンドフェイズにて再び《デーモン・イーター》の(3)の効果発動する事はできません。(15/05/12)


Tag: 《デーモン・イーター》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻1500 守200 デーモン

広告