《デーモンの召喚(しょうかん)/Summoned Skull》

通常モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2500/守1200
闇の力を使い、人の心を惑わすデーモン。
悪魔族ではかなり強力な力を誇る。

 Vol.4で登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 デーモンの一体であり、《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》融合素材
 雷族以外で《魔霧雨》発動条件となる唯一のモンスターである。

 上級モンスターの中ではトップクラスの攻撃力を持つが、通常モンスターアドバンス召喚で出すのは流石に効率が悪い。
 闇属性通常モンスターなので対応するサポートカードが非常に豊富である点を活かしていくことになるだろう。
 《終末の騎士》から容易に墓地へ送る事ができ、《思い出のブランコ》等でそのまま蘇生できる。
 《闇の誘惑》にも対応し、上級モンスターとしては比較的攻撃力が高いのでウイルス媒体にもできる。

 また、悪魔族故に《E−HERO ダーク・ガイア》等の融合素材にもでき、【悪魔族】では《魔族召喚師》から特殊召喚可能。
 レベルが共通するのでエクシーズ召喚を狙え、通常モンスターサポートを共有できるため連携も取りやすい。
 加えてデーモンの名が付くため、【デーモン】においてもよりサポートカードの豊富さを活かす事ができる。

 《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》融合素材でもあり、上記の《終末の騎士》以外にも《E・HERO プリズマー》にも対応する。
 《メテオ・ドラゴン》と違い聖刻には対応しないが、《真紅眼の黒竜》及び《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》闇属性サポートも共有できる。
 先のウイルス《龍の鏡》《闇の誘惑》を経由した《闇次元の解放》からの帰還など、高い攻撃力を活かした動きが取れる。
 《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》と共に《ダイガスタ・エメラル》《絶対魔法禁止区域》を用いたビートダウンを狙ってもよいだろう。
 また、《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》融合素材にできるデーモンの中で、唯一《融合徴兵》《融合準備》サーチに対応している。
 それらの効果の都合上《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》を採用する必要はあるが、局面次第で《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》を使い分けられるのもこのカードの特徴である。

 以上から、上級通常モンスターの中でも比較的扱いやすいカードといえるだろう。

  • モデルはカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」のクリーチャー「奈落の王/Lord of the Pit」。
    原作版の初登場時の絵柄や、原作イラストをモデルとしていたバンダイ版のこのカードを見ると実感できる。
    原作では8巻でデザインが変更され、OCGではイラストも同巻のコマから抜粋したものが採用された。(アニメでは初めから変更後のデザインが使用されている)
  • 「デーモンの召喚」という名称も当初のMTGのクリーチャー・タイプの表記から来ている。
    現在のMTGで「クリーチャー―デーモン」と表記されている部分は、かつて「デーモンの召喚」と表記されていた。
    これは、MTGでは手札は「読んだ魔道書の記憶」という設定(《オシリスの天空竜》を参照)になっているからで、デーモンの召喚用魔術と言った意味合いである。
    遊戯王で言えば、「悪魔召喚効果」といった意味合いになる。
  • 上記の「遊戯vs海馬」戦の前に、双六のゲームショップに《デーモン》というカードが確認できる。
    イラスト攻撃力守備力全てがこの《デーモンの召喚》と同じなので、このカードが原型になったと思われる。
    次の回からは、《デーモンの召喚》の名でデュエルに登場した。
  • このカード攻撃は雷の性質を持っているようである。
    王国編の「遊戯vsインセクター羽蛾」戦では「電気を良く通す」という理由で《魔霧雨》とのコンボ攻撃力がアップしている。
    「迷宮フィールド」で行われた「闇遊戯&城之内vs迷宮兄弟」戦では迷宮が浸水したことを利用し、迷宮の入り口から出口を守る《水魔神−スーガ》まで攻撃を届かせている。
    • アニメ版の「遊戯vsレアハンター」戦では《磁石の戦士α》に自身の攻撃力+αを与えている。
      この時は「合体攻撃」という事で、1400+2500+200=4100となっていた。
  • 「決闘者の王国編」の直前という設定である、小説版オリジナルデュエル「遊戯vsサイバー海馬」戦によると、「魔降雷は魔法攻撃ではなく、純然たるエネルギー攻撃」であるらしい。
    そのため、《ブラック・マジシャン》では倒せない《機械仕掛けの巨人》を倒す事ができた。
  • 「遊戯vsペガサス」、「遊戯vs孔雀舞」戦では守備力の数値表示が2300となっているシーンがある。
  • 原作のバトルシティ編で千年錫杖が遊戯と海馬に見せたビジョンの中で王の石版の1体の中に確認できる。
  • 東映版の劇場版「遊戯王」における「遊戯vs海馬」戦では、既に海馬の場に《青眼の白龍》3体が並び立っていたため守備表示として召喚される。
    この時海馬は初対戦時でやられかけた経緯があったからか、このカードを「悪魔族最強」と評している。
    なお、その後に「ブルーアイズの前では雑魚同然!」と付け加えている。
  • 米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)では双六のモンスターとして登場。
    《満ち潮のマーマン》を一撃で倒すなどの活躍をしているが、強力なモンスターゆえに出せるまでに時間がかかる。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「III(スリー)(ブイ)vsミザエル」戦でVが使用した通常魔法魔法召喚分解(マジック・サモン・ブレイクダウン)》のイラストに描かれている。
  • Dチーム・ゼアルの「遊馬vs亜隈雷蔵」戦において、雷蔵の最初の手札に存在していたのが確認できる。
  • フォルスバウンドキングダムでは、遊戯編6章という序盤になんとレベル99で出現。
    倒すと仲間になるが、残念ながらレベル1に戻っている。
  • Duel Arenaではパートナーとして登場し、ステージ11にも対戦相手として登場する。
    登場時には「自分を呼び出したいならば『デーモンの召喚を召喚』と言え」という趣旨の台詞を喋る。
  • 人の心を惑わすといったテキストではあるが、遊戯が使用したカードのためか、カードゲームタイプではないゲームではあっさりこちらに協力してくれる。
    上のデッキ名やゲーム作品での発言も考えると、テキストの割にユーモアと理解のある悪魔なのかもしれない。

関連カード

リメイクモンスター

融合関連

収録パック等


Tag: 《デーモンの召喚》 通常モンスター モンスター 星6 闇属性 悪魔族 攻2500 守1200 デーモン

広告